早漏と加齢 - 性ホルモンの分泌

年齢が重なってきて、射精のコントロールが難しくなったと感じた方おられるはずです。
それもそのはず、加齢性の早漏は男性ホルモンや体力的な問題と大きく関わってくるからです。若い頃は代謝も良く、大量の男性ホルモン「テストステロン」が分泌され、精力もたくさんあったはずですが、年齢を重ねる事によりこの「テストステロン」の分泌量は低下していき、40歳を超える頃には性ホルモンの成長は止まるのです。
現代では、バイアグラやシアリスといったED薬によって、満足のいく性行為が行えるようになってきましたが、男性ホルモンについて知っておくと、また違った見解ができるのではないでしょうか?

 

性ホルモンと早漏れ

テストステロンの分泌は、40代を超えてから急に分泌されなくなるものではなく、20歳を超える頃から徐々に下降していってるのです。テストステロンの分泌が低下していくと、下記のような症状があらわれます。

性生活
● セックス時の勃起力が弱くなった
● 性欲の減少
● セックスに対する快楽度の低下
● 朝立ちの回数の減少

男性器の変化
● 陰茎部が縮小されているような気がする
● 睾丸の容積がへり壁の割合が多くなる

逆説で言えば、性行為の回数が減れば減るほど、テストステロンの分泌が減るという事もあげられます。性行為を行う事によって、テストステロンの分泌が活性化するとも言われています。テストステロンの分泌が多いと、生き方が男らしくなり、集中力も増してきます。これも同じ事で、趣味や仕事に熱中する事によって、テストステロンの分泌が増えるという事です。

 

テストステロンを増加させよう

● 競技スポーツで戦う意欲を掻き立てる
● 仕事や趣味に没頭する
● 恋愛やセックスに興味をもつ
● 質の良い睡眠を心がけ、ストレスフリーな家庭環境を作る

ポイントは、前向きで積極的な生き方をする事で、生活に潤いが持たされ、テストステロンの分泌を増進させることができるというわけです。
中高年に入り、ホルモン分泌の促進をおなざりにしていると勃起不全やうつ病、自律神経失調症などが現れる「男性更年期障害」になることがあります。早漏と勃起不全は大きく関係していることから、もしかして・・・と思い始めたら、まずは日常生活や心構えから改善していきましょう。
できる限りセックスを行い、男性ホルモンを活性化させて若さと、体力を持続し、早漏や勃起不全の症状に、悩むことなどない生活を心がけてみませんか?