スーパーカマグラの安全性と副作用

スーパーカマグラとは

スーパーカマグラには、シルデナフィル100mgダポキセチン60mgという2種類の有効成分が含まれており、EDErectile Dysfunction: 勃起不全)の症状と早漏の症状への併用療法を行うことができる画期的なED治療薬です。

 

シルデナフィルは、世界で初めて発売されたED治療薬であるバイアグラに含まれている有効成分です。シルデナフィルは男性が性交を行うために十分に硬く強い陰茎の勃起を得ることができ、また勃起の状態を持続させることをサポートすることができる成分です。 シルデナフィルホスホジエステラーゼ-5(PDE5)阻害剤であり、陰茎への血液の流れを促進させ、勃起の状態を萎えさせてしまう体内で生成される酵素であるホスホジエステラーゼ-5(PDE5)を有効成分の働きにより阻害することで勃起の状態を維持することができるようにサポートします。シルデナフィルは、長年バイアグラと、そのジェネリック医薬品を通して世界中の男性たちに使用され、素晴らしい効果をもたらしています。

 

ダポキセチンは、男性の早漏(PE: Premature Ejaculation)を治療する有効成分であり、女性の膣に挿入後1〜2分以内に射精してしまうという早漏症で悩む男性たちに、服用するだけで射精を制御し、タイミングを遅らせることを可能にする成分です。ダポキセチンはうつ病を治療するための抗うつ剤であるセロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)というタイプのクラスに分類される医薬品になります。

 

スーパーカマグラは、インドのムンバイに本社を置くアジャンタファーマ社(Ajanta Pharma Ltd.)によって製造されています。アジャンタファーマ社はインドにおいてED治療薬のみならず、様々な種類のジェネリック医薬品を製造し、世界的に輸出販売を行っている有名な製薬会社です。アジャンタファーマ社が製造したジェネリック医薬品の多くはアメリカのFDA(米国食品医薬品局)にて承認され販売されています。インドは独自の特許法に基づいて国際的な特許が正式に満了する前にジェネリック医薬品の製造販売を行っているために、インドのジェネリック医薬品はアフリカなどの多くの発展途上国の医療を支えている重要な医療資源となっています。

 

アジャンタファーマ社が製造販売している勃起不全(ED)の治療に使用されるジェネリック医薬品は代表的にカマグラとカマグラゴールド、スーパーカマグラがあります。カマグラはバイアグラのジェネリック医薬品としては世界的に人気が最も高いED治療薬として知られています。

 

スーパーカマグラに含まれる有効成分と服用方法

スーパーカマグラ錠には、クエン酸シルデナフィル100mgとダポキセチン60mgが含まれています。日本で正式に承認を受けているバイアグラの最大の用量は50mgであり、ダポキセチンは通常30mgから服用し始めることが推奨されています。そのため、普通の体型の日本人がスーパーカマグラを服用する際には必ず半分、或いは4分の1に切って服用する必要があります。4分の1の少量から服用し始めてみて、効果の出方を実感してみて効果を感じることができなかったら少しずつ用量を増やしていく方法も良いでしょう。

 

少なくともコップ1杯の水と共に服用し、性交の1〜3時間前にスーパーカマグラを服用してください。

1回服用したら、次回に服用するまでには少なくとも24時間が経過していなければなりません。

 

スーパーカマグラの副作用

スーパーカマグラは、正しい用量と用法を守って服用すれば強い副作用が出たりすることは稀になります。マイルドな副作用がでることは個人差がありますが、報告されています。

 

スーパーカマグラの副作用には、吐き気、めまい、頭痛、火照り、消化不良、視覚異常、鼻詰まり、背中痛、筋肉痛、吐き気、めまい、発疹、下痢、不眠症および疲労などがあります。

 

スーパーカマグラの副作用は、バイアグラの副作用と、ダポキセチンが含まれた早漏防止薬の新薬であるプリリジーの副作用を組み合わせたものになります。

 

吐き気、めまい、頭痛、発汗などの副作用は、プラセボと比較してスーパーカマグラで治療した患者により頻繁に報告されました。

 

全ての医薬品への副作用の出方には個人差があります。

そのため、副作用が気になるという方は、特に少量から服用することが推奨されています。日本人の普通の体型ですと4分の1に切ってから服用し始めることをおすすめします。

 

スーパーカマグラを服用して副作用が強く出たという方は、大抵このことをよく知らずに1錠丸々服用してしまっていたりするケースが多くなります。スーパーカマグラはその名のとおりスーパーな威力を持っているED治療薬ですので、必ず量を調整して服用するようにしてください。

 

副作用を避けるためにスーパーカマグラを服用する際は飲酒を控える

飲酒をしてスーパーカマグラを服用すると、アルコール関連の神経認知効果が高まるために、失神などの神経心臓発作の有害事象などの深刻な事態にも及ぶ危険性があります。したがって、スーパーカマグラを服用する際は、アルコールを避けるように患者は指示されます。

 

 

スーパーカマグラの過剰投薬: 1回で1錠丸々服用しないこと

シルデナフィルによる過剰投薬による副作用は、勃起不全、吐き気、胸痛、不規則な鼓動、長期勃起を引き起こす可能性があります。

持続勃起症が24時間以内に治療されない場合、陰茎は永久的に損傷され、将来の勃起を困難にする可能性があります。スーパーカマグラを過剰に服用してしまい、持続勃起症が起こってしまった場合には、救急で病院に行き医療処置を受けてください。

 

ダポキセチンによる過剰投薬の症状には、傾眠、吐き気や嘔吐などの胃腸障害、頻脈、震え、興奮、めまいなど、セロトニンが仲介する有害反応になります。

 

スーパーカマグラを服用するべきではない人と服用の注意点

・性行為を心臓血管の症状を患っているために医師から止められている場合には、スーパーカマグラを服用するべきではありません。

・スーパーカマグラを服用して勃起が4時間以上続く場合、患者は病院で緊急治療を受ける必要があります。

・副甲状腺機能亢進を患っている患者は、スーパーカマグラを注意して服用する必要があります。できるだけ服用を避けた方が良いでしょう。

・スーパーカマグラを服用して片眼または両眼に視力の突然の喪失が生じた場合には直ちに医療施設での治療を受ける必要があります。このような場合は非動脈性前虚血性視神経症(NAION)の兆候である可能性があります。スーパーカマグラは、非動脈性前虚血性視神経症(NAION)の病歴を持つ患者には、予期される利点がリスクを上回る場合にのみ、注意して服用する必要があります。

・突然の聴力の低下または喪失した場合に直ちに医師の診察を受ける必要があります。

・スーパーカマグラをアルファ遮断薬または抗高血圧剤と併用投与する場合は注意が必要です。両方の薬を同時に使用すると、急な血圧低下を引き起こす可能性があります。

・リトナビルなどの強力なCYP阻害剤を服用している患者は、シルデナフィルを服用する際には注意が必要ですので医師に相談することをおすすめします。

・スーパーカマグラは、ED(勃起不全)と共に早漏症(PE)を有する男性にのみ服用される必要があります。

スーパーカマグラは、麻薬や覚醒剤のようなリクリエーション・ドラッグと組み合わせての服用を避ける必要があります。ケタミン、メチレンジオキシメタンフェタミン(MDMA)、およびリゼルギン酸ジエチルアミド(LSD)のようなセロトニン作動活性を有するレクリエーション・ドラッグは、スーパーカマグラ錠と組み合わせると潜在的に重大な副作用を引き起こす可能性がありますので絶対に併用は避けてください。これらの副作用には、不整脈、高熱症、およびセロトニン症候群が含まれます。

・起立性低血圧症はスーパーカマグラの臨床試験で報告されている副作用です。立った直後のめまいなどの症状を経験した場合、頭が他の部分よりも低くなるように直ちに寝るか、座って頭を膝の間に置くと症状が消えるとされています。

・スーパーカマグラは、躁病/軽躁病または双極性障害の病歴を有する患者に使用すべきではなく、これらの疾患の症状を呈する患者では服用を避けるべきです。

・スーパーカマグラは、発作を発症する不安定なてんかん患者は服用を避ける必要があります。

・潜在的なうつ病の徴候および症状を有する患者は、診断されていない抑鬱障害を避けるためにスーパーカマグラを服用する前に医師に相談する必要があります。 スーパーカマグラとSSRIやSNRIを含む抗うつ薬の併用療法は禁忌されています。医療機関でうつ病治療を受けている方は、医師に相談し、服用を避けてください。

 

スーパーカマグラの併用禁忌薬と症状

・スーパーカマグラは、クエン酸シルデナフィル、塩酸ダポキセチンまたは錠剤中に存在する不活性成分に対して過敏症の患者には服用が禁止されています。

・スーパーカマグラは、心臓病、伝導異常、重大な虚血性心疾患または重要な弁膜疾患を有する患者には禁忌です。

・スーパーカマグラは、モノアミンオキシダーゼ阻害剤(MAOIs)との同時治療、またはMAOIによる治療中止後の14日以内には禁忌になります。

・スーパーカマグラは、ケトコナゾール、イトラコナゾール、リトナビル、サキナビル、テリトロマイシン、ネファゾドン、ネルフィナビル、アタザナビルなどの強力なCYP3A4阻害薬と併用することは禁忌されています。

・中等度および重度の肝機能障害を有する患者にはスーパーカマグラは禁止されています。

・シルデナフィルが硝酸塩の降圧効果を増強することが示されているため、硝酸塩または亜硝酸塩などの酸化窒素供与体を服用している患者へのスーパーカマグラの投与は禁忌されています。

・スーパーカマグラとグアニル酸シクラーゼ(GC)刺激薬(例えば、リオギュグートなど)の併用も禁忌されています。

 

まとめ

スーパーカマグラは正しい服用方法と、服用上の注意を守って服用すれば、EDと早漏の両方の症状に効果的な作用をもたらすことができるED治療薬です。スーパーカマグラは、ジェネリック医薬品としての承認を受けるために数々の厳しい試験をクリアして販売されている医薬品ですので、正規品を購入することができれば、効果的にEDと早漏を治療することができる安心して服用できる医薬品です。