February 19, 2018
【バイアグラ】ジェネリック VS オリジナル

バイアグラとは?   1-1. バイアグラの有効成分 バイアグラは有効成分シルデナフィルを含む世界で初めて開発発売されたED治療薬です。ED治療薬とはED(イーディー)と略して呼ばれ、英語ではErectile Dysfunctionという男性の勃起不全の症状を治療するために開発された医薬品です。ED治療薬はPDE-5阻害薬とも呼ばれ、勃起の状態を萎えさせてしまう体内で生成される酵素であるPDE-5(5-ホスホジエステラーゼ)を有効成分の働きにより阻害することで勃起の状態を維持させることを可能にします。また、ペニスの筋肉をリラックスさせることで血流を促進させ強く硬い勃起をすることをサポートします。   1-2. バイアグラの魅力   バイアグラは1998年にアメリカで発売された当初は多くの男性たちの悩みを解決する夢の薬として世界中の男性たちから注目を浴びました。日本では1999年に認可が降りて発売され始めました。 バイアグラの魅力は、一番初めに開発されたED治療薬ということもあり、長年かけて培われた医薬品としての信頼と実績にあるといって良いでしょう。バイアグラは勃起の時に強く硬いサポートをしてくれるということでも人気があるED治療薬です。  バイアグラは一番初めに発売されたので、3種類発売されているED治療薬の中では食事の影響を受けやすかったり、効果時間が短く、副作用が比較的多いなどの点も挙げられますが、それでもED治療薬といえばバイアグラを思い浮かべる人が多いことからもわかる通り、たくさんの人に親しまれ愛用されているED治療薬です。  1-3. バイアグラの用量 バイアグラは国内の医療機関では25mgと50mgのみ販売されています。欧米ではバイアグラは25mg、50mg、100mgと3種類までが販売されています。 どの用量を服用するかは医師の指示に従って自らの体型と体質に合った用量を服用する必要があります。処方された用量で薬の効果があまり感じることができないような場合は必ず医師に相談した上で用量を増やすことができます。個人の判断で服用する用量を増やすことは避けましょう。 海外のバイアグラ・ジェネリックのほとんどは50mgから始まるものが多いので、用量の数字をよく確認し、ピルカッターなどを利用して半分に切ってから服用する必要があるなどの注意点があります。 バイアグラのジェネリック医薬品   バイアグラはED治療薬であり医薬品なので薬局やドラッグストアなどでは購入することはできません。日本の国内で購入するためには医師の処方が必要になります。 ED(勃起不全)の治療は日本の厚生労働省が保険適応を認めていないので自由診療になります。ED(勃起不全)の治療のために病院やクリニックに行くと、保険が適応されないために診療費や医薬品代は全て自己負担になってしまいます。 クリニックや病院によっては診療科を払わないで薬代だけを負担するところもありますが、初診料や再診料などの診療料金がかかる医療施設もあります。 経済的な負担を軽減したい方は、様々なオプションがありますのでしっかりとリサーチをして病院を選ぶと少しずつでも節約することは可能です。   同じED(勃起不全)の治療でも糖尿病、高血圧症、男性更年期障害、性機能損傷と性機能障害が原因でED(勃起不全)が生じている場合には保険が適応されるケースもあります。上記のような症状を患っているためにED(勃起不全)になっている方は医師に相談されることをおすすめします。   身体の健康状態は良好なのにED(勃起不全)を経験しているという方は、残念ながら現在の日本では保険が適応されないので病院からの処方によりで正規の値段で購入するか、海外からの個人輸入代行業者を通しての通販で買う必要があります。   2-1. ジェネリック医薬品とは? ED治療薬を購入する経済負担を軽くするための方法は「ジェネリック医薬品」を購入することです。ジェネリック医薬品は他の言葉では「後発医薬品」といい、新薬の特許が満了した後に新薬と同等の効用・効果・安全性・品質を持ちながら安価で購入することができる医薬品のことをいいます。 新薬は10年から15年ほどの長い年月をかけて人々が患っている病気への新しい効果をもたらすために、新しい構造式を持つ有効成分を含む医薬品を開発します。この間には数々の研究、実験、試験、検査が伴うために何百億円という費用がかかります。このような理由から新薬は高価な値段で販売せざるを得ない状況があります。 一方ジェネリック医薬品は新薬の開発の時にあらかじめ確かめられた有効成分を同量含み、風味や添加物などを変えて開発販売される医薬品です。新薬の特許満了後に製造方法などの情報を提供してもらい開発するのでその開発期間も約3年で開発費用も約1億円となっています。このような開発プロセスの違いからジェネリック医薬品は安価で新薬と同等の効用を持った薬を患者たちに届けることが可能になっています。 ジェネリック医薬品が新薬から変更していい部分は風味、色、添加物、形状などです。新薬が錠剤のみ販売されていたら、ジェネリック医薬品は口の中で噛んで飲むタイプ、ジェリー状のタイプ、コップに入れて溶かして服用するタイプなど様々な形状があります。 2012年8月に発表された中央社会保険医療協議会の薬価専門部会資料によるとヨーロッパのジェネリック医薬品の普及は70%以上、アメリカでは90%以上と大多数なのに比べて日本のジェネリック普及率は2016年度の日本ジェネリック製薬協会調べによると65.5%と低くなっています。   2-2. 日本のバイアグラ・ジェネリック バイアグラは3種類発売されているED治療薬の中で唯一国内の製薬会社がジェネリック医薬品を製造することが認可されているED治療薬です。日本の製薬会社がジェネリック医薬品を販売することができる理由は、バイアグラの特許が2014年5月に満了になっているからです。バイアグラよりも後に発売されたレビトラとシアリスはまだ特許が有効であるために国内の製薬会社はジェネリック医薬品を開発することが許されていません。 バイアグラのジェネリック医薬品は日本の医療機関にて処方してもらうことができます。バイアグラの新薬に比べると、ジェネリック医薬品の平均価格は25mgで600円 ~ 900円ほど、50mgで900円 ~ 1200円ほどとなっていて、バイアグラの平均価格が25mg でおよそ1,200 ~1,500円 ほど、50mgでおよそ1,400 ~ 2,000円 ほどですので、割安になっています。   日本のバイアグラのジェネリック医薬品は国内での通販では購入することはできません。日本で処方される国内の製薬会社の医薬品の通販は法律により禁止されています。しかし、バイアグラとバイアグラの海外で製造されたジェネリック医薬品を個人輸入代行などをとおして輸入することは法律では認められています。 このために、プライバシーなどがネックになり医療施設に赴きたくないという方は、日本のバイアグラのジェネリック医薬品を購入することは難しい状況です。近頃はスタッフ全員が男性のクリニックなどもありますので、日本のバイアグラのジェネリック医薬品を購入したいという方はお近くに男性専用のクリニックなどがあるか調べてみると良いかもしれません。   […]

Read More
February 15, 2018
バイアグラを服用する際の注意点

1. はじめに バイアグラは血管の壁を緩ませることで血管を拡張させ、血流の流れを促進させながら勃起力をサポートするED治療薬です。また、勃起の状態を萎えさせてしまう体内で生成される酵素であるPDE-5(5-ホスホジエステラーゼ)を、バイアグラに含まれている有効成分であるシルデナフィルにより阻害することで勃起の状態を維持することができるようにサポートする医薬品です。 バイアグラはもともと高血圧症や狭心症の治療のために開発された薬です。臨床実験をしている際に本来の治療目的の狭心症へは思ったような効果が上がりませんでしたが、被験者の中でED(勃起不全)への効果を感じることを発見した人がいたことからED治療薬として開発販売されるようになりました。バイアグラが開発販売される以前は世界にバイアグラのようなED治療薬は存在しなかったことから、1998年にアメリカでバイアグラが発売された当初は世界の男性たちから夢の薬と言われ、ブルーのダイヤモンドの形の錠剤がトレードマークになり大きな話題となりました。 バイアグラはイギリスのファイザー製薬の研究者たちの間で研究開発され、アメリカのファイザー製薬より販売されるようになりました。発売から10年後の2008年には19.9億円以上の収益をファイザー製薬にもたらし、現在まで世界中の男性の間で愛用されています。 2016年12月には2500万人以上の世界の男性がバイアグラの処方を受けたというデータがファイザー製薬の調査から発表されています。バイアグラを服用している男性のうちたくさんの方々は処方を受けるのではなく通販でバイアグラを購入しているため、実際にはどれほどたくさんの方がバイアグラを服用しているのかを未知数です。ファイザー製薬の調査結果ではバイアグラを服用すると5人のうちの4人の方が性行為をするために十分な強い勃起力を維持することができたという結果が出ています。 バイアグラは健全な性行為をするために勃起をすることができなかったり、勃起の状態を維持することができなかったり、中折れしてしまたったり、強度不足を感じるなどの勃起不全の症状を改善するためのED治療薬です。ED(イーディー)とは英語ではErectile Dysfunctionといい、この言葉を略してEDと呼び、日本語では勃起不全を意味します。バイアグラはED治療薬として服用する時のみに適切な効果を発揮するのであり、勃起不全ではない男性がバイアグラを服用しても適切な効果を感じることができない医薬品です。 バイアグラの効果を研究している研究者の間ではバイアグラを服用すると化学的な効用により勃起力を改善することができるという本来の効果の他に、大きなプラシーボ効果を確認することができたと発表しています。プラシーボ効果とは、医学用語で実際には薬としての効果のない糖分でできた錠剤などを効果がある薬だと患者に信じさせて服用させると実際に患者の症状が改善される試飲理的な現象をいいます。バイアグラにはED治療薬としての効用と共に、ポジティブな心理的効果も服用する方々にもたらしているようです。   バイアグラを服用する際の注意点   バイアグラはED治療薬でありシルデナフィルという有効成分が含まれた医薬品です。全ての医薬品がそうであるように、バイアグラを服用する際には数々の注意点があります。 バイアグラを服用する際の注意点として一番に挙げられることは、勃起不全が身体物理的な問題から発生しているのであって心理的な問題から発生しているのでないことを確かめる必要があります。医師の診療を受けると医師からの質問に答えながら自らの症状を医師に相談し、バイアグラが症状を改善するために最も適したED治療薬であることを確かめる必要があります。常用で服用している薬などがあれば医師に話し、バイアグラを服用しても問題がないかを医師に確認しましょう。 1)持病のある方 バイアグラを服用する際の注意点として、バイアグラを服用する前に、自らの体調が性行為をするために十分な健康状態にいるかを確かめることが重要になります。性行為は運動の一種として捉えられるため、心臓にある程度の負担をかけます。心臓が弱かったり、心臓疾患を患っている方の中で性行為自体を医師に止められている方はバイアグラの服用を避ける必要があります。   バイアグラの服用注意点として、以下の中の項目に持病がある方は服用を避け医師に相談してください。   ・狭心症 ・心臓疾患(心筋梗塞、心不全など) ・血管系疾患(冠動脈異常) ・動脈異常(大動脈瘤、動脈硬化) ・不整脈 ・高血圧(100mmHg/170mmHg以上) ・低血圧(90mmHg/50mmHg以下) ・血友病 ・網膜色素変性症、進行性の夜盲 ・NAION(非動脈性前部虚血性視神経症) ・重い肝機能障害(肝硬変など) ・重い腎臓障害 ・白血病などの血液の病気 ・QT延長症 ・HIV治療薬などの抗ウイルス薬、水虫の内服用の抗真菌薬を服用している方 ・過去に脳梗塞、脳出血などの脳血管の病気を患ったことがある方 ・他の勃起不全治療薬・勃起補助器具を使用している方 ・シルデナフィル製剤、バイアグラやバイアグラのジェネリック医薬品を服用してアレルギー反応(過敏症)が出た方 ・ペニスに関わる病気、奇形のある方 上記の症状を過去に患ったことがある方、服用できるか定かでないと思う方は医師に必ず相談してください。   65歳以上の高齢の方、胃や十二指腸の消化性潰瘍を患っている方も服用を避けるか、医師に相談してください。   2)バイアグラの併用禁忌薬 バイアグラは血管を拡張して血流の流れを良くする薬で血圧を下げる作用をもたらします。ある種の薬と一緒に併用すると血圧を急激に下げ危険な状態になってしまう可能性がある医薬品です。   バイアグラを服用する際の注意点として、硝酸薬を服用する方はバイアグラとの併用を絶対に避けてください。急激な血圧の下降はめまいを起こしたり、心臓発作などを起こすことに繋がる可能性がありますので特に注意が必要です。硝酸薬の中には貼り薬、塗り薬、スプレー、注射、舌下など様々な形体の薬がありますので使用上の注意のリストをしっかりと確認してみましょう。   ・亜硝酸薬(狭心症等の心臓疾患治療薬) 亜硝酸アミル等   ・硝酸イソソルビド(狭心症治療薬) アンタップ、イソコロナールR、イソピット、L-オーネスゲン、カリアントSR、ジアセラL、硝酸イソソルビド、ニトラス、ニトロール、フランドル、リファタック等   ・一硝酸イソソルビド(狭心症治療薬) アイトロール、一硝酸イソソルビド、ソプレロール、タイシロール等   […]

Read More
February 10, 2018
レビトラとバイアグラの共通点と違い

1. レビトラとバイアグラ、その共通点と違い(序文)  レビトラとバイアグラは代表的には3種類あるED治療薬の中でも最も初めに開発販売された2種類の医薬品です。長年世界の男性たちの間で愛されてきている2つのED治療薬ですが、実際のところどのような共通点と違いがあるのでしょうか。最も新しいED治療薬であるシアリスとも比較して皆さま一人一人の好みと体質に合ったED医薬品を選ぶことができるようにここで一度わかりやすくまとめてみました。   2. レビトラとバイアグラの共通点  1) ED治療薬である 21002810 - pills and capsules.レビトラとバイアグラ、そしてシアリスはED(イーディー)と呼ばれる勃起不全を治療するために開発されたED治療薬であり、医薬品です。医薬品ですので日本で入手する際には医師の処方が必要になり、薬局やドラッグストアで気軽に購入することはできません。病院やクリニックに行かずに入手する際には個人輸入を行なっている通販のサイトで購入することができます。   2)勃起力をサポートする効果がある   レビトラとバイアグラなどのED治療薬は性的な刺激受けた際、そして性欲や興奮を感じた際に起こる勃起の力をサポートし促すための医薬品です。レビトラとバイアグラを服用したからといって勃起したり、勃起の状態が維持し続けるというようなことはありません。 <主な共通点> ①血管を拡張し血流の流れを促進させる効果   ②勃起の状態を持続させるための化学物質を破壊する酵素PDE-5(5-ホスホジエステラーゼ)を抑制し、勃起の維持を助ける効果。   ③副作用として顔のほてり、頭痛、動悸、鼻づまり、目の充血などを感じる人が多いです。   5)対処治療のための医薬品   対処治療のための医薬品であり、根本的な体質改善などには繋がりません。 レビトラとバイアグラは共に毎日決まった時間に服用し続けると、次第に勃起不全が治るということはありません。体質改善や根本的にEDを治療したいという方には精力剤を服用したりするなどの方法があります。   3. バイアグラとレビトラの違いを比較   3-1. バイアグラ 1) バイアグラの基本情報   容量:25mg、50mg 製薬会社:ファイザー株式会社(アメリカ合衆国) 錠剤形態:青色のひし型 有効成分:シルデナフィル 日本での発売時期:1999年3月     2) バイアグラの特長   バイアグラは世界で一番初めに開発販売されたED治療薬ですので、その分世界の利用者の間で信頼と実績が認められている医薬品です。安心感と安定性を求める方はまずはバイアグラを試してみると良いでしょう。   ①バイアグラ・勃起の強さ、硬さ 勃起時の硬さでは3つのED治療薬の中で一番という評判があります。   ②バイアグラ・服用してから効果が出るまでの時間 服用してから30分ほどで効果が表れ始めます。 服用してからおよそ1時間ほどで血液の中の有効成分の濃度が最高値に達します。 […]

Read More