February 6, 2020
早漏は改善できる! - 早漏改善トレーニング方法

私たちの日常生活の中で、友人などから早漏についての相談を受けることは、おそらく稀であると思われます。そうすると、早漏の男性は、数が少ないのでないかと感じてしまいますよね。しかし、早漏で悩む男性は、意外と多いと聞きます。例えば、性機能障害の男性患者のうち、約30%が早漏を訴えていると言われています。また、女性の75%が、挿入からわずか2分も経たないうちに射精をされたことがあると述べている報告があります。このように、早漏で悩んでいる男性は、想像以上に多いのです。しかし、早漏を恥ずかしいことだと感じ、隠してしまう男性も多いと思われます。そのため、世間一般では、早漏に関する悩みをそう多く聞く機会がないのかもしれません。 それでは、そんな早漏を改善するためにはどうすれば良いのでしょうか。早漏の改善につながるトレーニングとしては、いくつか方法があります。それは、セックスの仕方の工夫であったり、日々の訓練であったりとさまざまです。また、意外に思われるかもしれませんが、バイアグラなどのED治療薬を使用することも、早漏改善のトレーニングとなります。 しかし、バイアグラをはじめとするED治療薬が、早漏の改善に役立つとは一体どういうことなのでしょうか。早漏を訴える男性の中には、勃起力が十分でない人がいます。そういった男性は、性行為において、挿入中であっても、ペニスが萎えてしまういわゆる『中折れ』という状態に陥りやすいのです。この中折れを回避しようとすると、男性は勃起を維持しなくてはと強く意識してしまいます。この勃起維持を意識する強い気持ちが、焦りに変化すると、その焦りはさらに射精を誘発する脳内信号となってしまうことがあります。そのため、勃起力が十分でない男性は、結果として早漏になってしまいやすいのです。そこで、バイアグラの登場です。バイアグラによって勃起力が高まれば、意識せずとも勃起を維持できるようになります。そうすると、勃起維持のために強い焦りを生じることもなくなるため、落ち着いて性行為を楽しむことができ、早漏が改善されるというわけです。これは、バイアグラの使用自体が早漏を改善するという説明でしたが、バイアグラの使用により、早漏が改善された状態で行う性行為は、トレーニングにもなります。トレーニングによる慣れで、いつか自然と早漏が治まることでしょう。

Read More
February 6, 2020
早漏と女性 - パートナーに対する気持ち2

早漏とは、自慰や性行為の最中に、男性の意に反する短時間で射精してしまうことを言います。この時、男性の性的満足感が満たされていないことは想像に難くありませんよね。それでは、パートナーである女性は、早漏の男性のことをどう思っているのでしょうか。 男性が早漏である場合、そのパートナーである女性の多くも、性的満足感が満たされていないと考えられます。何故なら、女性は男性と比べても、性的興奮の高まり方が緩徐であるからです。そのため、男性の早漏により、短時間で性行為が終了してしまうと、女性は十分に性的興奮を高めることができません。そして、結果として性的満足感が満たされないままとなってしまうのです。そもそも、早漏の定義について、女性側の意見としては「早漏とは、自分が満足する前に射精されること」とするものもあるため、やはり早漏の男性のパートナーである女性は、その性行為に満足できていないことが伺えます。 しかし、男性にとってもそのような状況は、大きなストレスとなるのではないでしょうか。早漏のせいでパートナーを十分に満足させられない男性は、精神的に落ち込み、自己効力感をも失ってしまうことがあります。これは、パートナーである女性に対して、申し訳なさや恥ずかしいといった気持ちを抱いているからだと考えられます。また、そうしたストレスから焦りを生じ、早漏防止に取り組んだものの、改善されなかったというケースも多々あります。そのような事態に陥ってしまうと、より大きなストレスや焦りを生じることとなり、まさに悪循環と言っても過言ではない状態になってしまうでしょう。そもそも、早漏の防止というのは、何の手段も企てずに取り組んだところで、個人で解決するには難しい問題であるとされています。 そこで、早漏の防止には、きちんとしたエビデンスのある方法を持ってして、取り組む必要があるのです。そのひとつとして挙げられるのが、ED治療薬の使用です。バイアグラなどが、その具体例として挙げられるのではないでしょうか。バイアグラは、勃起力を高め、亀頭やカリの膨張を助けます。そうして十分に膨らんだ亀頭やカリは、刺激への抵抗性が高まるのです。そのため、バイアグラを飲むと、刺激に耐えられるようになり、早漏が改善されるのです。バイアグラなどの薬は通販で気軽に購入できます。是非この機会にお試しください。

Read More
February 6, 2020
早漏と女性 - パートナーに対する気持ち

早漏時の女性の気持ち 女性には陰茎が存在せず、男性の早漏の苦しさや何とも言えないもどかしさは中々理解できません。そして、その苦しさを男性が話すのは気が引けてしまうことが多いと思います。では、早漏時の女性はどう考えていることが多いのかというと、早漏自体よりも慌てふためく男性の様子にネガティブな感情を抱きやすいようです。そこで、男性は早漏のことで悩むよりもパートナーとの性行為を充実させる方向に考えを変えたほうがいいでしょう。   早漏時の性交渉 性交渉は膣に陰茎を挿入するのがすべてではありません。前戯、後戯という挿入以外の性行為に重点を置くことで男性、パートナー双方の満足度は高まります。これは対症療法ということではなく、パートナーとの親密な関係を気づくうえでも重要です。早漏は性交渉時の過度なストレスや緊張が原因の場合もあるので、膣内に挿入する以外のことに意識を向けることで早漏という状態から意識が外れます。また、挿入以外での性交渉に満足のいく方法を見つけることで、パートナーとの性交渉で新たな発見が生じることもあります。 今まで挿入ばかりに気を取られていて気づかなかったパートナーがエクスタシーに達する新たな刺激や箇所などです。   考え方を変える 早漏になった患者は治療を始めますが、性交渉は続けるはずです。この際に性交渉に対する意識の変化が必要です。早漏の治療法として、パートナーと行うことが出来る行動療法があります。この治療法は医師がいない状況下で行い、かつパートナーの長期的な協力が必要です。この行動療法は簡単に言うと、簡単な状況から患者が何回かエクスタシーにいくのを我慢することを繰り返すというものです。この行動療法には、バイアグラのような治療薬を使わなくても可能という長所がありますが、短所もあります。短所として、性行為が治療の場になってしまい性的満足感が得られにくくなることです。男性本人はもちろん、女性にも性的フラストレーションがたまりやすいのでパートナーとの挿入以外でのコミュニケーションが大切になってきます。言い換えれば、この機会にパートナーとの性交渉のあり方について考える機会ができたともいえます。   まとめ 早漏時には男性本人にもパートナーにも戸惑いや不安が生じています。ただ、女性は男性が感じるような早漏そのものへの不安ではなく、早漏状態から生じる性行為時の雰囲気の変化にネガティブな感情を抱くようです。患者本人は治療をしつつ、性行為時に膣内に挿入する以外の性的満足感をパートナー、自分双方に感じられるように性行為をする必要があります。

Read More
February 6, 2020
早漏と加齢 - 性ホルモンの分泌

年齢が重なってきて、射精のコントロールが難しくなったと感じた方おられるはずです。 それもそのはず、加齢性の早漏は男性ホルモンや体力的な問題と大きく関わってくるからです。若い頃は代謝も良く、大量の男性ホルモン「テストステロン」が分泌され、精力もたくさんあったはずですが、年齢を重ねる事によりこの「テストステロン」の分泌量は低下していき、40歳を超える頃には性ホルモンの成長は止まるのです。 現代では、バイアグラやシアリスといったED薬によって、満足のいく性行為が行えるようになってきましたが、男性ホルモンについて知っておくと、また違った見解ができるのではないでしょうか?   性ホルモンと早漏れ テストステロンの分泌は、40代を超えてから急に分泌されなくなるものではなく、20歳を超える頃から徐々に下降していってるのです。テストステロンの分泌が低下していくと、下記のような症状があらわれます。 性生活 ● セックス時の勃起力が弱くなった ● 性欲の減少 ● セックスに対する快楽度の低下 ● 朝立ちの回数の減少 男性器の変化 ● 陰茎部が縮小されているような気がする ● 睾丸の容積がへり壁の割合が多くなる 逆説で言えば、性行為の回数が減れば減るほど、テストステロンの分泌が減るという事もあげられます。性行為を行う事によって、テストステロンの分泌が活性化するとも言われています。テストステロンの分泌が多いと、生き方が男らしくなり、集中力も増してきます。これも同じ事で、趣味や仕事に熱中する事によって、テストステロンの分泌が増えるという事です。   テストステロンを増加させよう ● 競技スポーツで戦う意欲を掻き立てる ● 仕事や趣味に没頭する ● 恋愛やセックスに興味をもつ ● 質の良い睡眠を心がけ、ストレスフリーな家庭環境を作る ポイントは、前向きで積極的な生き方をする事で、生活に潤いが持たされ、テストステロンの分泌を増進させることができるというわけです。 中高年に入り、ホルモン分泌の促進をおなざりにしていると勃起不全やうつ病、自律神経失調症などが現れる「男性更年期障害」になることがあります。早漏と勃起不全は大きく関係していることから、もしかして・・・と思い始めたら、まずは日常生活や心構えから改善していきましょう。 できる限りセックスを行い、男性ホルモンを活性化させて若さと、体力を持続し、早漏や勃起不全の症状に、悩むことなどない生活を心がけてみませんか?

Read More
February 6, 2020
男性ホルモンと早漏 - 男性ホルモンと早漏について

最近いまいち射精がコントロールできないと感じている方、早漏は男性ホルモンと大きく関係していることはご存知ですか? 男性ホルモンの減少と、早漏は背中合わせなのです。 この早漏と関係していて、睾丸内で生産されてる男性ホルモン、テストステロンは今や「モテホルモン」と呼ばれるくらい重要視されるようになって来ました。早漏対策だけでなく、日々の生活を充実させるには、このテストステロンは不可欠なので す。   なぜモテホルモン? テストステロンがたくさん分泌されると、 ● 性欲が多くなり、勃起能力が高まる ● 筋肉・骨格の増強 ● 動脈効果予防がアンチエイジングにも繋がる ● 向上心・競争心など積極的な行動をとる ● 脳内ホルモンのドーパミンが増え、幸福感を日々感じるようになりイキイキする モテる要素がたくさん詰まったテストステロン、分泌が減少されると、 ● 早漏・勃起力の低下 ● 鬱の症状 ● 自律神経失調症 ● 男性更年期障害 ● 自信喪失 など、全く男の人生においていいことなしの現象が現れるのです。早漏や勃起力を高めるなら、シアリスやレビトラなどといった、ED薬の力を借りることができます。充実したセックスライフを行うと、テストステロンが活性化されることから、これらのED薬の力を借りることによって、ホルモンを活性化させることは十分可能なのです。   早漏だけじゃない、モテホルモンの減少は健康にもよくない 肥満気味の方に、勃起不全や早漏の症状が多いとされています。メタボリックシンドロームと加齢が重なると、低テストステロン状態に陥ってしまいます。 メタボを改善することも、早漏や勃起力を高める要素となります。低テストステロンは、心臓疾患や癌の可能性も高くしてしまうのです。 男性ホルモンを活性化させ、早漏防止・勃起力の向上を目指しましょう。   充実したセックスライフ=テストステロンの分泌=早漏防止=男性健康維持 といことを覚えておきましょう。セックス自体に問題があるのなら、ED薬の力を借りて、基本的なことから改善されるとよいでしょう。 早漏と男性ホルモンは、切っても切れない関係ですが、ホルモン投与だけがホルモン活性に繋がるわけではありません。内面からの充実感も、ホルモン活性化に繋がるのです。 これを見ると「ちょいワルオヤジ」が流行ったのも理解できます。このオヤジたちは、内面が充実しているため、ホルモン活性化にいたり、外面にも性的アピールが出て来ているわけです。

Read More
February 5, 2020
男の早漏れ防止生活、早漏の原因

そもそも早漏の原因とはいったい何なのでしょうか。早漏にも様々なものがあり、初めてのセックスの時点ですでに早漏と呼ばれるような状態であった人もいるでしょう。また、長い性生活の経過の中で少しずつ射精までの時間が短くなり、早漏となってしまった人もいるかもしれません。本項では、早漏となる原因についてご説明いたします。   心因性によるもの まず、早漏の原因として多いのは、焦りや興奮などの心因性によるものです。身体機能には問題がなく、心因性の問題が原因の早漏が大多数と考えられます。この、早漏の原因とされる心因性というのは、いったい何を意味するのでしょうか。 ここでいう心因性の早漏というのは、性的興奮が原因であることを、ひとつ意味します。性行為において、心因性の原因の要素である性的興奮が高まりやすいのは、女性よりも男性です。すなわち、心因性の原因のひとつである性的興奮が高まり、その興奮が満足に至るのも、女性より男性の方が早いと考えられます。これが、早漏のひとつの原因となります。射精というのは、性的興奮がピークに達し、満足した瞬間に起こるものなのです。 そのため、男性よりも性的興奮が高まりにくい女性を差し置いて、男性が自然に任せて射精してしまうと、それは心因性が原因の早漏となってしまうのです。 また、性行為に慣れているかどうかというのも、易興奮性や射精のしやすさに関係します。これは、早漏の原因となり得る心因性の問題のひとつです。性行為に不慣れな男性は、性欲をコントロールすることがうまくできないため、一般的な男性よりも性的興奮がより高まりやすいと言われています。そのため、そういった男性は、すぐに射精してしまい、結果的に心因性要素が原因の早漏となりやすいです。しかし、この性的興奮の高まりやすさは、性行為に慣れることである程度克服できるものです。ゆえに、心因性要素を原因とする早漏としてはそれほど大きな問題とならないかもしれません。 一定のパートナーを相手にし続ければ、より性行為に慣れ、その興奮も落ち着いてくると思われます。ですので、ひとりの女性を愛し続けるというのも、心因性の問題が原因の早漏を改善するひとつのコツなのかもしれませんね。一方で、どれだけ性行為を重ねても、それがずっと同じパートナーであっても、性的興奮が高まりやすく、すぐに射精しそうになる方もいます。そのような状況で、心因性の早漏の症状を呈してしまう場合は、更なる工夫が必要となるかもしれません。例えば、性行為中に音楽をかけて早漏の原因となる興奮を紛らわせるとか、逆にリラックスできるムードを作って興奮を落ち着かせるなどが挙げられます。環境に働きかけることで射精を我慢することも、心因性の問題を原因とする早漏の改善には有効です。 上記のように、心因性の問題を原因としてすぐに射精してしまい、早漏となっている場合は、心身に問題はないため、大きく取り沙汰されることは多くありません。しかし、この射精のしやすさ、ひいては早漏の問題は、パートナーとの関係に亀裂を生じさせる原因となる可能性もあり、男性の性的な悩みとしてひそかに蔓延るものなのです。その行く末は、精神的な落ち込みや、心理的な症状にまで発展する可能性があるため、自分は早漏だと気づいた段階で防止策を講じることが重要です。 早漏の防止策としては、バイアグラなどのED治療薬が大きな効果を発揮します。精力剤や薬を用いた早漏の防止方法については後程触れることとして、早漏の原因について、心因性以外のものについても見ていきましょう。   身体的なもの 早漏の原因としては、心因性のものが多いと書きました。しかし、早漏の原因に身体的なものがないわけではありません。例えば、包茎による刺激への過敏性は、早漏の大きな原因のひとつです。それでは、包茎であるがために、刺激への過敏性が強いというのは、どういう状態なのでしょうか。ここでいう包茎とは、真性包茎も仮性包茎も含みます。包茎とはどんなものかをご想像ください。亀頭が皮に覆われていますよね。これが刺激への過敏性を高めてしまう大きな原因です。 つまり、真性包茎や仮性包茎は、普段亀頭が皮に覆われています。それゆえ、亀頭が刺激に慣れていないために、刺激への過敏性が強い状態となってしまうのです。包茎で覆われていた刺激への過敏性が強い亀頭は、一度に受ける外的な刺激が、過敏性の低い亀頭と比べると、大きなものとなります。先ほど、射精は興奮がピークに達した瞬間に生じると言いました。これは、より詳しく説明すると、興奮が限界値を超えると、射精中枢から射精命令が出ることで、射精が起きるということなのです。刺激への過敏性が強い亀頭が、大きな刺激を受けると、この射精中枢がいとも簡単に限界を超えてしまいます。そのため、大きな刺激は、普段包茎に覆われている過敏性の強い亀頭にとって、射精を誘発する原因となってしまうため、結果として早漏になってしまうのです。そこで、このような過敏性由来の早漏を防止するには、そもそも包茎を防止する必要があります。 早漏の防止のために、包茎を防止するには、オナニー方法を見直す必要があるでしょう。オナニーとひとくちに言っても、さまざまな方法のオナニーがあることを、男性の方はよくご存じだと思います。では、早漏の原因となる過敏性の強い包茎になりやすいオナニーとはどんなものなのでしょうか。 ひとつは皮オナニーが、包茎、ひいては早漏の原因として大きく取り上げられます。皮オナニーとは文字通り、ペニスを握り、皮ごと上下させて射精に至るオナニーのことです。この皮オナニーが、早漏の原因となる包茎を生じさせるのです。皮オナニーをすることで、皮自体が徐々に伸びていきます。そうすると、皮が亀頭を覆う包茎の状態となり、刺激への過敏性が強い亀頭になってしまうというわけです。 また、床オナニーも、早漏の原因としてあげられます。床オナニーとは、うつ伏せで寝転がり、ペニスに体重をかけて床と挟み込むことで刺激するオナニーです。床オナニーも皮オナニーと同じく、皮が伸びることで早漏の原因となるオナニーです。このように、オナニーの方法によっても、早漏の原因となる要因が多々あることが分かりました。早漏の原因となるオナニーを防止することも、早漏改善の大きな手段だと思われます。余談ですが、ペニスを全体重で刺激する床オナニーは、その刺激の強さから刺激への過敏性を低下させ、膣で射精できない状態に陥らせることもあります。早漏・遅漏共に原因となるオナニーなので、できるだけ控えることをおすすめします。   早漏を防止するための方法 ここまで、早漏の原因となる問題についてお話してきました。最後に、その早漏を防止するための方法についてお話します。 早漏を防止するもっとも簡単な方法は、バイアグラなどの精力剤を内服することです。何故、バイアグラが早漏の防止策となるのでしょうか。それは、バイアグラによって、勃起力が高められると、亀頭の刺激への過敏性を抑えることができるからです。バイアグラによる勃起力の増強は、血液の巡りを良くし、亀頭をパンパンに膨れ上がらせる効果もあります。亀頭がしっかり膨らむと、刺激への抵抗性が高まり、射精中枢への刺激も少なくなるため、射精を我慢できるようになります。そのため、包茎が理由で生じている早漏をバイアグラで防止することができるのです。 また、バイアグラの内服は、勃起に意識を集中しなくても勃起維持ができるようになる効果ももたらします。これにより、気持ちに余裕ができることも、早漏の原因である焦りを落ち着かせ、早漏を防止できる策となります。早漏を防止して、パートナーとのセックスを楽しむなら、是非バイアグラの使用も検討してみてはいかがでしょうか。 バイアグラ以外にも早漏の防止に効く薬はたくさんあります。また、早漏を防止するためのトレーニング方法もありますので、ご興味のある方は一度お調べください。

Read More