February 18, 2018
【レビトラ】ジェネリック VS オリジナル

1.レビトラとは? 1-1. レビトラの有効成分 レビトラはバルデナフィル(Vardenafil)という有効成分を含むED治療薬であり医薬品です。 ED(イーディー)とは英語ではErectile Dysfunctionといい、日本語では勃起不全を意味する言葉です。日本で正式に認可が下りているED治療薬の新薬はバイアグラ、レビトラ、シアリスの3種類になります。レビトラはバイアグラの次に販売されるようになったED治療薬です。 レビトラとバイアグラ、シアリスは共にPDE-5阻害薬と呼ばれ、勃起の状態を維持することができなくする体内で生成される酵素あるPDE-5(5-ホスホジエステラーゼ)を有効成分により阻害することで、勃起の状態を維持することができるようにサポートするED治療薬です。ED治療薬は体内にある一酸化窒素の働きを促進させることで性器の筋肉をリラックスさせます。筋肉が緩むと勃起した時に流れ込むことができる血流の流れと量が増加します。このような作用からよりスムーズで強い勃起をすることができるようにサポートし、性行為をするために十分な長い勃起時間を維持することができるようにします。 レビトラはドイツに本社を置くバイエル薬品株式会社が製造販売し、2003年にFDA(米国食品医薬品局)から認可を受け国際的に発売されるようになり、日本では2004年6月に厚生労働省の認可を得て発売されるようになりました。バイエル薬品株式会社は欧米では頭痛薬の代名詞のようになっているアスピリンを製造している大手製薬会社です。   1-2. レビトラの魅力 レビトラとバイアグラは有効成分の化学構造式がとても似ていることから、その効果と効用もよく似ています。レビトラはバイアグラより新しく開発されたED治療薬であることからバイアグラの短所を改良して発売されたED治療薬ということで知られています。   レビトラの一番の魅力は効果の速効性にあります。服用して最短では15分ほどで効果が表れることから、緊急のシチュエーションや思いがけずパートナーと性行為をするようなことになった時にも直前に服用することでED治療薬としての効果を感じることができます。 服用するタイミングとして最も適した時間は性行為の45分〜1時間前とされています。レビトラの速効性はレビトラの有効成分であるバルデナフィルが水に溶けやすい性質があるために起こる効果です。 レビトラはバイアグラに比べて食事の影響を受けにくいED治療薬だとされています。バイアグラは食事の後に服用すると効果が半減してしまうとされていて、食後に服用する際は少なくても1時間、できれば2時間以上空けて服用しないと満足な効果を感じることができない性質を持っています。 レビトラは食後最低30分ほど空けると服用することが可能だとされています。食事の内容はあっさりしたものを中心に700カロリーまでなら影響は少ないとされています。レビトラは食事の影響を受けにくく、速効性のあるED治療薬として発売当初に話題となりました。しかし、レビトラも最も効果を感じることができる服用のタイミングは空腹時になります。 食前に服用する際には少なくても30分前に服用すると有効成分が体内に吸収された後に食事をすることになりますので大きな問題には繋がりません。1時間ほど前に服用するとより良いでしょう。   レビトラはバイアグラに比べてお酒の影響も受けにくいED治療薬だとされています。一般的にED(勃起不全)の症状自体にお酒は悪影響を与えるので飲酒は控えた方が良いと言われています。レビトラとお酒の連関を研究した結果では、レビトラはお酒を一緒に服用しても健康に大きな影響を及ぼすことはなく安全だという調査結果が出ています。しかし、お酒を服用するとレビトラの有効成分が体内でより多く吸収されやすくなってしまうので副作用が強く出てしまう恐れがあります。お酒は気分をリラックスさせる効果があることから少量ですとED(勃起不全)に良い影響を与えると言われていますので、レビトラやバイアグラを服用する際にはお酒はごく少量に抑えるようにしましょう。   レビトラやバイアグラなどのED治療薬はタバコの影響を受けるとされています。タバコを吸うとED(勃起不全)に悪影響を与える他、レビトラの効果を弱めてしまう可能性がありますのでタバコを吸う方は医師に相談するようにしましょう。   バイアグラの効果持続時間は4時間ほどとされていますが、レビトラの効果持続時間は10mgは4時間ほど、20mgは8時間ほどとより長くなっています。   バイアグラの有効成分であるシルデナフィルに比べてレビトラの有効成分であるバルデナフィルは効果の強い成分ですのでバイアグラよりも少量で強い効果を身体にもたらすことができます。レビトラはバイアグラやシアリスと比較して勃起の強さと硬さは一番だといわれています。   レビトラを服用すると刺激に対して感覚が鈍感になるとされています。そのために早漏症の傾向がある方はレビトラを試してみることが勧められています。 1-3. レビトラの用量 レビトラの用量は日本では5mg、10mg、20mgが正式に認可され販売されています。欧米では2.5mg、5mg、10mg、20mg、40mgと60mgまでが処方されています。欧米の方が1錠あたりの用量がより多い錠剤が販売されていますが、欧米でも初めて服用する方には10mgから服用するように勧められています。2.5mgと5mgは健康上の理由で通常の10mgを服用することができない方や、少しずつ量を増やして服用してみたい方のために開発されている小容量の錠剤です。10mgを服用して効果が弱かったら、2.5mgずつ少しずつ量を増やして服用することができるのです。しかし、日本では2.5mgは販売されていないので5mgを半分に切って用量を増やすなどの方法があります。用量を増やす際には必ず医師に相談して指示に従うようにしてください。 レビトラの最大服用可能用量は20mgになります。20mg以上の用量を服用すると強い副作用がでるなどの恐れがあるために個人の判断で用量を増やすことは避けましょう。最悪の場合はプリアピスムという持続勃起症になってしまう恐れがあります。勃起持続症になってしまった場合はすぐに医師に相談しに行ってください。   バイアグラの有効成分であるシルデナフィルとレビトラの有効成分であるバルデナフィルは同じような働きを身体にもたらします。しかし、用量に関しましては効果の出方が異なるために、それぞれ服用してみて医師に指事された用量から試すことをお勧めします。 1-4. レビトラをバイアグラと比較すると レビトラとバイアグラは有効成分の化学構造式がとてもよく似ているために、たくさんの共通点があります。 レビトラとバイアグラを服用する際に併用することができない併用禁忌薬と併用注意薬には多くの共通薬品名を含みます。 レビトラの併用禁忌薬は硝酸薬、抗真菌薬、HIV治療用の抗ウイルス薬、抗不整脈薬、高血圧症治療薬などです。 レビトラの併用注意薬はα遮断薬、CYP3A4阻害剤、CYP3A4誘導剤、急性心不全治療剤などとなっています。 レビトラを服用することができない方もバイアグラを服用することができない方とほとんど共通しています。 レビトラを服用することができない方は狭心症、心臓疾患(心筋梗塞、心不全など)、血管系疾患(冠動脈異常)、動脈異常、不整脈、高血圧、低血圧、網膜色素変性症、重い肝機能障害、重い腎臓障害などの症状を持っている方、HIV治療薬などの抗ウイルス薬、水虫の内服用の抗真菌薬を服用している方、QT延長症の方、過去に脳梗塞、脳出血を患ったことがある方などです。   レビトラはバイアグラに比べて副作用が軽くでるとされています。バイアグラを服用してみて副作用が強く出るという方はレビトラを服用することをおすすめします。 レビトラの副作用の中には頭痛、嘔吐、めまい、鼻づまり、動悸、ほてり、目の充血、胃のむかつき等があります。 レビトラとバイアグラを服用して、両方副作用が出たという方はシアリスを試してみると良いでしょう。   レビトラはバイアグラやシアリスなどと比べると糖尿病を患っている方に最も効果的なED治療薬だとされています。一般的に糖尿病の方はED治療薬が効きにくいといわれています。レビトラは3種類発売されているED治療薬の中で最も糖尿病に効果的なED治療薬だという調査結果が出ています。 レビトラとバイアグラの違いとしてもう一つ挙げられることは、バイアグラはジェネリック医薬品が日本で正式に購入することができることに対して、レビトラのジェネリックは海外でしか販売されていないという点です。バイアグラは最も古いED治療薬であり、バイアグラの特許は2014年5月に満了しています。その後、日本の製薬会社でもバイアグラのジェネリック医薬品をたくさん販売するようになりました。それまではED治療薬のジェネリック医薬品は海外からの通販を通して購入するか、海外に赴き処方を受けるしか方法がありませんでしたが、そのような方法に不安を感じる方もバイアグラのジェネリックを国内の病院やクリニックで処方を受けることができるようになりました。 一方レビトラの特許は2018年1月現在満了していません。レビトラの発売時期から計算すると2018年の後半あたりにはレビトラの特許が満了するのではないかと予想している人もいますが、正確な時期はまだ未定になっています。   レビトラのジェネリック医薬品 バイアグラと違って、レビトラのジェネリック医薬品は日本では正式にまだ認可されていない状況です。シアリスと同様レビトラのジェネリック医薬品はインドでのみ開発販売されています。しかし、これまでにインドで販売されていたレビトラのジェネリック医薬品の中でも新たに追加された有効成分の特許法が適応され、販売が中止されている医薬品がいくつかあるようです。レビトラのジェネリック医薬品を購入し服用する際には数々の注意点があります。それらの注意点を知りリスクを考慮に入れながらレビトラのオリジナルを服用するかレビトラのジェネリックを服用するかを選択する必要があります。   2-1. […]

Read More
February 14, 2018
レビトラを服用する際の注意点

1. はじめに レビトラはバイアグラに続いて日本では2004年6月に発売されたED治療薬です。ドイツのバイエル薬品株式会社が開発販売しており、錠剤の色は淡いオレンジ色の丸型です。バイエル薬品は欧米を中心に鎮痛・頭痛・解熱剤の薬の代名詞ともなっているアスピリンを製造している会社でもあります。 レビトラは2003年にFDA(米国食品医薬品局)から認可を受けた「PDE5阻害薬」です。勃起の状態を維持できなくさせるPDE-5(5-ホスホジエステラーゼ)が体内で生成されることを抑制することで勃起を維持させることを助ける医薬品です。 レビトラは男性のED: Erectile Dysfunction(イーディー)と呼ばれる勃起不全を治療するために開発されたED治療薬であり医薬品です。 レビトラは世界で入手できるED治療薬の中で最も効果的な医薬品の一つだとされています。レビトラに含まれている有効成分であるバルデナフィル(Vardenafil)が血流を促進させ男性の性器の血管を拡大することで勃起する力をサポートし、勃起の状態を維持することができるように助けます。このような効用によりうまく性行為ができるよう補助することができるのです。     レビトラの一番の特性は薬の速効性にあるといって良いでしょう。バイアグラと比較してレビトラの有効成分であるバルデナフィルは水に溶けやすい性質を持っているために有効成分が体内に吸収されやすくなっています。最短では15分で効果が表われるレビトラは、緊急にED治療薬を服用する必要があるシチュエーションの場合や、より速い効果を求める時は3種類のED治療薬の内でレビトラを服用すると良いでしょう。尚、レビトラを服用してから効果を感じることができるまでの時間は個人差がありおよそ15分から45分までの間になっています。 バイアグラは最短で服用してからおよそ30分、シアリスはおよそ1時間ほどの時間が効果を感じることができるまでにかかるとされています。   レビトラはバイアグラと比べて食事の影響を受けにくいので、どうしても食後に服用しなければならない状況の時等はバイアグラよりもレビトラを服用すると良いでしょう。食後の場合は30分ほど時間をあけると効果が出ると言われており、2時間以上あけると食前に服用するのを同等の効果を期待できるとされています。 レビトラはバイアグラのシルデナフィルよりも有効成分であるバルデナフィルが強い効力を発揮するために、勃起した時の硬さや強さに定評があるED治療薬です。   このような特徴を持つレビトラはバイアグラよりも速効性があり、副作用が少なく、食事の影響を受けにくく、効力により強さがあるとして世界の男性たちから愛用されているED治療薬です。これまでにバイアグラを服用して副作用がでてしまっていたり、食事の影響で弱い効果しか感じることができない方などはレビトラを試してみることをおすすめします。   レビトラを服用する際の注意点 レビトラは決められた用法と用量、注意点を守って服用すれば安全に勃起不全を克服し、健全な性行為を楽しむことができるED治療薬です。 レビトラを服用するときは以下の注意点を良く読んで従い服用することをおすすめします。   1)持病のある方 レビトラの服用注意点として、以下の中の項目に持病がある方は服用を避け医師に相談してください。   ・狭心症 ・心臓疾患(心筋梗塞、心不全など) ・血管系疾患(冠動脈異常) ・動脈異常 ・不整脈 ・高血圧 ・低血圧 ・網膜色素変性症 ・重い肝機能障害 ・重い腎臓障害 ・HIV治療薬などの抗ウイルス薬、水虫の内服用の抗真菌薬を服用している方 ・QT延長症の方 ・過去に脳梗塞、脳出血を患ったことがある方   この他にも心臓が弱く、医師に性行為自体を止められたり、控えるように指示を受けている方は服用を避ける必要があります。 上記の症状を過去に患ったことがある方、服用できるか定かでないと思う方は医師に相談されることをおすすめします。 バイアグラも共通して上記の症状を患っている方は服用を避ける必要があります。   2)レビトラの併用禁忌薬 ・硝酸薬 狭心症、心筋梗塞、脳梗塞後遺症、心臓喘息の治療に使われるアイスラールやアイトロール、亜硝酸アミル、一硝酸イソソルビド錠、ニコランジル、ニトログリセリン等   硝酸薬の中には貼り薬、塗り薬、スプレー、注射、舌下など様々な形体の薬がありますので使用上の注意のリストをしっかりと確認してみましょう。   ・抗真菌薬 水虫用の内服薬、カビなどにより感染症用の治療内服薬など イコナゾンカプセル、イトラリールイトリゾール、イデノラート、ケトコナゾール(内服用)等   ・HIV治療用の抗ウイルス薬 インビラーゼ、カレトラ、クリキシバン、テラビック、ノービア、フォートベイス、ブリジスタ、レイアタッツ、レクシヴァ等   […]

Read More
February 10, 2018
レビトラとバイアグラの共通点と違い

1. レビトラとバイアグラ、その共通点と違い(序文)  レビトラとバイアグラは代表的には3種類あるED治療薬の中でも最も初めに開発販売された2種類の医薬品です。長年世界の男性たちの間で愛されてきている2つのED治療薬ですが、実際のところどのような共通点と違いがあるのでしょうか。最も新しいED治療薬であるシアリスとも比較して皆さま一人一人の好みと体質に合ったED医薬品を選ぶことができるようにここで一度わかりやすくまとめてみました。   2. レビトラとバイアグラの共通点  1) ED治療薬である 21002810 - pills and capsules.レビトラとバイアグラ、そしてシアリスはED(イーディー)と呼ばれる勃起不全を治療するために開発されたED治療薬であり、医薬品です。医薬品ですので日本で入手する際には医師の処方が必要になり、薬局やドラッグストアで気軽に購入することはできません。病院やクリニックに行かずに入手する際には個人輸入を行なっている通販のサイトで購入することができます。   2)勃起力をサポートする効果がある   レビトラとバイアグラなどのED治療薬は性的な刺激受けた際、そして性欲や興奮を感じた際に起こる勃起の力をサポートし促すための医薬品です。レビトラとバイアグラを服用したからといって勃起したり、勃起の状態が維持し続けるというようなことはありません。 <主な共通点> ①血管を拡張し血流の流れを促進させる効果   ②勃起の状態を持続させるための化学物質を破壊する酵素PDE-5(5-ホスホジエステラーゼ)を抑制し、勃起の維持を助ける効果。   ③副作用として顔のほてり、頭痛、動悸、鼻づまり、目の充血などを感じる人が多いです。   5)対処治療のための医薬品   対処治療のための医薬品であり、根本的な体質改善などには繋がりません。 レビトラとバイアグラは共に毎日決まった時間に服用し続けると、次第に勃起不全が治るということはありません。体質改善や根本的にEDを治療したいという方には精力剤を服用したりするなどの方法があります。   3. バイアグラとレビトラの違いを比較   3-1. バイアグラ 1) バイアグラの基本情報   容量:25mg、50mg 製薬会社:ファイザー株式会社(アメリカ合衆国) 錠剤形態:青色のひし型 有効成分:シルデナフィル 日本での発売時期:1999年3月     2) バイアグラの特長   バイアグラは世界で一番初めに開発販売されたED治療薬ですので、その分世界の利用者の間で信頼と実績が認められている医薬品です。安心感と安定性を求める方はまずはバイアグラを試してみると良いでしょう。   ①バイアグラ・勃起の強さ、硬さ 勃起時の硬さでは3つのED治療薬の中で一番という評判があります。   ②バイアグラ・服用してから効果が出るまでの時間 服用してから30分ほどで効果が表れ始めます。 服用してからおよそ1時間ほどで血液の中の有効成分の濃度が最高値に達します。 […]

Read More