February 5, 2020
最強ED改善薬?シアリスのジェネリック

最強ED改善薬?シアリス 最強ED改善薬と呼ばれているシアリス。安全にシアリスを購入するには、本物がよいでしょうか?それともジェネリックか? シアリスとシアリスのジェネリックが、最強ED改善薬と呼ばれるのには、もっともな理由があります。シアリスは驚くことに36時間持続効果のある素晴らしいED薬なのです。 このシアリス・シアリスジェネリックの36時間というのは、性的興奮作用が起こったのみ約36時間シアリスの効果が持続するということで、シアリス・シアリスジェネリックを服用したからといって、36時間勃ちっぱなしということではありませんので、ご心配なく。このことからシアリス、並びにシアリスジェネリックは「ウィークエンドピル」とも呼ばれるようになりました。 このシアリスの持続時間のおかげで、性行為のたびに時間を計算してED薬を服用しなければいけないストレスも、シアリス・シアリスジェネリックなら半減されます。お出かけ前に1錠、シアリス・シアリスジェネリックを服用しておけばいいということです。 その上シアリス・シアリスジェネリックは食事の影響も受けにくく、服用のタイミングをそんなにも問わないことから、シアリス、シアリスジェネリックは世界シェアの41%も占めています。このことから、シアリス、シアリスジェネリック共に1番服用されているED薬といわれています。   もう迷わないシリアスとシリアスジェネリック バイアグラは知らない人がいないほど有名なED薬ですが、このシアリスも最強ED改善薬としてED薬の中でも、常に人気上位に君臨するほどおすすめなED薬の一つです。いきなり「シアリスがおすすめ」と口コミ等で書かれていても、半信半疑になって当たり前です。どんな症状であれ、治療薬を初めて試してみるのであれば前もって、シアリスについて知っておかなければ安心できないというものです。 シアリスにも、シアリスジェネリックがあり、近年様々なタイプのシアリスジェネリックが誕生しています。 気になるシアリスとシアリスジェネリック、一体どちらを購入すれば良いのか迷われている方、いらっしゃいませんか? シアリスジェネリック好みの方はやはり「経済的」「種類が豊富」ということからシアリスジェネリックを利用されている方が、ほとんどだと思います。   シアリスジェネリックとシアリスの価格の違い シアリスのジェネリックは、先発シアリスに比べ約40%〜80%リーズナブルになっているといえます。例えば、先発薬のシアリスが1錠約1400円〜1600円なのに対し、ジェネリックの場合は1錠約300円前後です。   ところでジェネリック医薬品とは? ジェネリック医薬品、今では処方箋で聞かれることが多々あります。ジェネリック医薬品というのは、先発薬(一番最初に、研究・開発・販売された治療薬) の特許が切れた後に製造・販売されているものです。ほとんどのジェネリック医薬品は、インドの製薬会社が受け覆っているといっても過言ではありません。インドにおけるジェネリック医薬品の製造・販売は人件費の安さから、医薬品が安価で販売できるため、発展途上国の人々にも治療が施せるというメリットもあるのです。ジェネリック医薬品の登場につき、それまでは貧困地に住まわれているため治療ができなかった方々にも、治療が施せるようになりました。   シアリスジェネリックとは? シアリスのジェネリックとして「タダライズ」「タダリス」などが、よく販売されています。シアリスのジェネリックも、先発シアリスと同じ効果が99%あると言われています。シアリスについての質問で、”シアリスのジェネリックは存在するのか?” というものがあります。 国際特許が切れていないシアリスは、日本の製造メーカーはシアリスのジェネリックを製造することができません。インドを含めた諸外国では、特許制度が違うためシアリスのジェネリックの製造及び販売が可能なのです。シアリスのジェネリックのほとんどは、インドで製造・販売されているといわれているのもこのためです。ED薬の中でもシアリスは薬価が高く設定されているため、海外産の先発シアリスや、シアリスのジェネリックが人気があるのです。     魅力的なシアリスのジェネリック シアリスにおけるジェネリック製品は、タブレットのみではありません。最強ED改善薬シアリスにもバイアグラジェネリックと同じように、フィルムタイプ、チュアブル、ソフトジェルなどのシアリスのジェネリックがある他、シアリスの最大成分量20gを超えるものや、早漏れ防止成分が含まれているジェネリックがシアリスにもあります。高品質な上安価でバリエーションも豊富なのが、シアリスのジェネリックの魅力です。   購入前に・・ちょっと待って!シアリスの正規品 シアリス購入方法の一つとして、初めてシアリスを試される方は、一度受診されてから医師からの処方箋でシアリスを試してみることも考えた方が良いでしょう。受診をすることによって、勃起不全の症状の度合いや、シアリスが体に合わない、またはシアリスについて質問がある場合などといったことにも対応してもらえるからです。初回受診をして、シアリス服用に何の問題もなかった場合は安心してシアリスを服用できるというメリットがあります。 そのほかのシアリス購入方法として、海外通販でシアリスを購入するといった方法もあります。     安心してシアリス購入 様々な治療薬がネットにより購入できるようになり、シアリスのネット購入に対して気なるのは「このシアリスはシアリス正規品なのか?」ではないでしょうか?シアリス正規品はネットで購入することは可能ですが、安心して服用するためにはまずそのシアリス正規品と書かれているものが本物かどうかを見分けなければいけません。 シアリス購入方法で一番肝心なのは、偽物ではないことです。 「おすすめ!本物激安シアリス!」「本物!最強ED改善薬シアリス正規品激安!」「シアリス正規品お得セット激安!」などとネット上に表記されている場合は、まずシアリス正規品ではないと疑った方が良いでしょう。各医薬品のジェネリックは確かに安価ではありますが、医薬品に激安はありえないのです。 シアリスのジェネリックを販売されているなら、「シアリスが安価で購入できる」「シアリス正規品、安価」と記載されているページにシアリスのジェネリックということについて書かれているはずです。 シアリス購入方法として、ネットを使用することにより無駄な時間が省け、便利ですが、安心してシアリスを購入できるサイトを見つけることが大切です。 安全なシアリス購入方法は、良い個人輸入代行業者を見つけ出すことです。シアリスを含む治療薬を決められた数量以上に購入しようとされた場合に、何らかのお知らせがくるはずです。「シアリス激安セット」でなくても、決められた数量以上のシアリスの購入を認めてしまう業者は、おすすめできません。 他にも「激安」と値段を重視したページであったり、「シアリス激安セット」などと書かれていたりするのは薬事法違反なのです。シアリスは”個人が使用する1ヶ月分のみ個人輸入が可能”となりますので、「激安セット」で販売するのは違法となるのです。 激安などといった、甘い言葉に惑わされて「おすすめシアリス正規品激安セット」を購入してしまうと、取り返しのつかないことになりかねません。     知っておいて損はない?シアリスについて シアリスの歴史 シアリスは日本で3番目に認可を受けた、ED薬です。近年では安心して個人輸入でシアリスが購入できるようにもなりました。 日本国内のシアリスは、日本イーライリリー社が製造、日本新薬が販売している安全性の高いED薬です。現在ED薬の中で、一番効果作用時間が長いのがこのシアリスで、体内への吸収も早く、即効性が高いことから「最強ED改善薬シアリス」と呼ばれるようになってきました。 2003年に販売が開始されたシアリス。日本国内では2005年9月に厚生労働省へ承認申請が行われ、2007年より日本イーライリリーからシアリスの製造が開始されました。2009年より日本新薬へシアリスの販売は移管され、シアリスの製造元と販売元が別になりました。 シアリスは勃起不全のみでなく、前立腺肥大症にも2014年医薬品として承認されています。   シアリスの有効成分 シアリスはタダラフィルという有効成分によって構成されています。バイアグラの有効成分シルデナフィル、レビトラの有効成分バルデナフィル、どれも酵素PDE-5に作用し男性の勃起を促すのは変わりはありませんが、有効成分が違うため効果の現れ方にもそれぞれ違った特徴があります。 シアリスの有効成分タダラフィルはブロックのような構造をしているので、シアリスが体内に吸収されるまでに時間がかかることから、シアリスの効能持続時間は他の2つと異なり長くなるのです。   シアリスの構造 […]

Read More
February 19, 2018
【バイアグラ】ジェネリック VS オリジナル

バイアグラとは?   1-1. バイアグラの有効成分 バイアグラは有効成分シルデナフィルを含む世界で初めて開発発売されたED治療薬です。ED治療薬とはED(イーディー)と略して呼ばれ、英語ではErectile Dysfunctionという男性の勃起不全の症状を治療するために開発された医薬品です。ED治療薬はPDE-5阻害薬とも呼ばれ、勃起の状態を萎えさせてしまう体内で生成される酵素であるPDE-5(5-ホスホジエステラーゼ)を有効成分の働きにより阻害することで勃起の状態を維持させることを可能にします。また、ペニスの筋肉をリラックスさせることで血流を促進させ強く硬い勃起をすることをサポートします。   1-2. バイアグラの魅力   バイアグラは1998年にアメリカで発売された当初は多くの男性たちの悩みを解決する夢の薬として世界中の男性たちから注目を浴びました。日本では1999年に認可が降りて発売され始めました。 バイアグラの魅力は、一番初めに開発されたED治療薬ということもあり、長年かけて培われた医薬品としての信頼と実績にあるといって良いでしょう。バイアグラは勃起の時に強く硬いサポートをしてくれるということでも人気があるED治療薬です。  バイアグラは一番初めに発売されたので、3種類発売されているED治療薬の中では食事の影響を受けやすかったり、効果時間が短く、副作用が比較的多いなどの点も挙げられますが、それでもED治療薬といえばバイアグラを思い浮かべる人が多いことからもわかる通り、たくさんの人に親しまれ愛用されているED治療薬です。  1-3. バイアグラの用量 バイアグラは国内の医療機関では25mgと50mgのみ販売されています。欧米ではバイアグラは25mg、50mg、100mgと3種類までが販売されています。 どの用量を服用するかは医師の指示に従って自らの体型と体質に合った用量を服用する必要があります。処方された用量で薬の効果があまり感じることができないような場合は必ず医師に相談した上で用量を増やすことができます。個人の判断で服用する用量を増やすことは避けましょう。 海外のバイアグラ・ジェネリックのほとんどは50mgから始まるものが多いので、用量の数字をよく確認し、ピルカッターなどを利用して半分に切ってから服用する必要があるなどの注意点があります。 バイアグラのジェネリック医薬品   バイアグラはED治療薬であり医薬品なので薬局やドラッグストアなどでは購入することはできません。日本の国内で購入するためには医師の処方が必要になります。 ED(勃起不全)の治療は日本の厚生労働省が保険適応を認めていないので自由診療になります。ED(勃起不全)の治療のために病院やクリニックに行くと、保険が適応されないために診療費や医薬品代は全て自己負担になってしまいます。 クリニックや病院によっては診療科を払わないで薬代だけを負担するところもありますが、初診料や再診料などの診療料金がかかる医療施設もあります。 経済的な負担を軽減したい方は、様々なオプションがありますのでしっかりとリサーチをして病院を選ぶと少しずつでも節約することは可能です。   同じED(勃起不全)の治療でも糖尿病、高血圧症、男性更年期障害、性機能損傷と性機能障害が原因でED(勃起不全)が生じている場合には保険が適応されるケースもあります。上記のような症状を患っているためにED(勃起不全)になっている方は医師に相談されることをおすすめします。   身体の健康状態は良好なのにED(勃起不全)を経験しているという方は、残念ながら現在の日本では保険が適応されないので病院からの処方によりで正規の値段で購入するか、海外からの個人輸入代行業者を通しての通販で買う必要があります。   2-1. ジェネリック医薬品とは? ED治療薬を購入する経済負担を軽くするための方法は「ジェネリック医薬品」を購入することです。ジェネリック医薬品は他の言葉では「後発医薬品」といい、新薬の特許が満了した後に新薬と同等の効用・効果・安全性・品質を持ちながら安価で購入することができる医薬品のことをいいます。 新薬は10年から15年ほどの長い年月をかけて人々が患っている病気への新しい効果をもたらすために、新しい構造式を持つ有効成分を含む医薬品を開発します。この間には数々の研究、実験、試験、検査が伴うために何百億円という費用がかかります。このような理由から新薬は高価な値段で販売せざるを得ない状況があります。 一方ジェネリック医薬品は新薬の開発の時にあらかじめ確かめられた有効成分を同量含み、風味や添加物などを変えて開発販売される医薬品です。新薬の特許満了後に製造方法などの情報を提供してもらい開発するのでその開発期間も約3年で開発費用も約1億円となっています。このような開発プロセスの違いからジェネリック医薬品は安価で新薬と同等の効用を持った薬を患者たちに届けることが可能になっています。 ジェネリック医薬品が新薬から変更していい部分は風味、色、添加物、形状などです。新薬が錠剤のみ販売されていたら、ジェネリック医薬品は口の中で噛んで飲むタイプ、ジェリー状のタイプ、コップに入れて溶かして服用するタイプなど様々な形状があります。 2012年8月に発表された中央社会保険医療協議会の薬価専門部会資料によるとヨーロッパのジェネリック医薬品の普及は70%以上、アメリカでは90%以上と大多数なのに比べて日本のジェネリック普及率は2016年度の日本ジェネリック製薬協会調べによると65.5%と低くなっています。   2-2. 日本のバイアグラ・ジェネリック バイアグラは3種類発売されているED治療薬の中で唯一国内の製薬会社がジェネリック医薬品を製造することが認可されているED治療薬です。日本の製薬会社がジェネリック医薬品を販売することができる理由は、バイアグラの特許が2014年5月に満了になっているからです。バイアグラよりも後に発売されたレビトラとシアリスはまだ特許が有効であるために国内の製薬会社はジェネリック医薬品を開発することが許されていません。 バイアグラのジェネリック医薬品は日本の医療機関にて処方してもらうことができます。バイアグラの新薬に比べると、ジェネリック医薬品の平均価格は25mgで600円 ~ 900円ほど、50mgで900円 ~ 1200円ほどとなっていて、バイアグラの平均価格が25mg でおよそ1,200 ~1,500円 ほど、50mgでおよそ1,400 ~ 2,000円 ほどですので、割安になっています。   日本のバイアグラのジェネリック医薬品は国内での通販では購入することはできません。日本で処方される国内の製薬会社の医薬品の通販は法律により禁止されています。しかし、バイアグラとバイアグラの海外で製造されたジェネリック医薬品を個人輸入代行などをとおして輸入することは法律では認められています。 このために、プライバシーなどがネックになり医療施設に赴きたくないという方は、日本のバイアグラのジェネリック医薬品を購入することは難しい状況です。近頃はスタッフ全員が男性のクリニックなどもありますので、日本のバイアグラのジェネリック医薬品を購入したいという方はお近くに男性専用のクリニックなどがあるか調べてみると良いかもしれません。   […]

Read More
February 18, 2018
【レビトラ】ジェネリック VS オリジナル

1.レビトラとは? 1-1. レビトラの有効成分 レビトラはバルデナフィル(Vardenafil)という有効成分を含むED治療薬であり医薬品です。 ED(イーディー)とは英語ではErectile Dysfunctionといい、日本語では勃起不全を意味する言葉です。日本で正式に認可が下りているED治療薬の新薬はバイアグラ、レビトラ、シアリスの3種類になります。レビトラはバイアグラの次に販売されるようになったED治療薬です。 レビトラとバイアグラ、シアリスは共にPDE-5阻害薬と呼ばれ、勃起の状態を維持することができなくする体内で生成される酵素あるPDE-5(5-ホスホジエステラーゼ)を有効成分により阻害することで、勃起の状態を維持することができるようにサポートするED治療薬です。ED治療薬は体内にある一酸化窒素の働きを促進させることで性器の筋肉をリラックスさせます。筋肉が緩むと勃起した時に流れ込むことができる血流の流れと量が増加します。このような作用からよりスムーズで強い勃起をすることができるようにサポートし、性行為をするために十分な長い勃起時間を維持することができるようにします。 レビトラはドイツに本社を置くバイエル薬品株式会社が製造販売し、2003年にFDA(米国食品医薬品局)から認可を受け国際的に発売されるようになり、日本では2004年6月に厚生労働省の認可を得て発売されるようになりました。バイエル薬品株式会社は欧米では頭痛薬の代名詞のようになっているアスピリンを製造している大手製薬会社です。   1-2. レビトラの魅力 レビトラとバイアグラは有効成分の化学構造式がとても似ていることから、その効果と効用もよく似ています。レビトラはバイアグラより新しく開発されたED治療薬であることからバイアグラの短所を改良して発売されたED治療薬ということで知られています。   レビトラの一番の魅力は効果の速効性にあります。服用して最短では15分ほどで効果が表れることから、緊急のシチュエーションや思いがけずパートナーと性行為をするようなことになった時にも直前に服用することでED治療薬としての効果を感じることができます。 服用するタイミングとして最も適した時間は性行為の45分〜1時間前とされています。レビトラの速効性はレビトラの有効成分であるバルデナフィルが水に溶けやすい性質があるために起こる効果です。 レビトラはバイアグラに比べて食事の影響を受けにくいED治療薬だとされています。バイアグラは食事の後に服用すると効果が半減してしまうとされていて、食後に服用する際は少なくても1時間、できれば2時間以上空けて服用しないと満足な効果を感じることができない性質を持っています。 レビトラは食後最低30分ほど空けると服用することが可能だとされています。食事の内容はあっさりしたものを中心に700カロリーまでなら影響は少ないとされています。レビトラは食事の影響を受けにくく、速効性のあるED治療薬として発売当初に話題となりました。しかし、レビトラも最も効果を感じることができる服用のタイミングは空腹時になります。 食前に服用する際には少なくても30分前に服用すると有効成分が体内に吸収された後に食事をすることになりますので大きな問題には繋がりません。1時間ほど前に服用するとより良いでしょう。   レビトラはバイアグラに比べてお酒の影響も受けにくいED治療薬だとされています。一般的にED(勃起不全)の症状自体にお酒は悪影響を与えるので飲酒は控えた方が良いと言われています。レビトラとお酒の連関を研究した結果では、レビトラはお酒を一緒に服用しても健康に大きな影響を及ぼすことはなく安全だという調査結果が出ています。しかし、お酒を服用するとレビトラの有効成分が体内でより多く吸収されやすくなってしまうので副作用が強く出てしまう恐れがあります。お酒は気分をリラックスさせる効果があることから少量ですとED(勃起不全)に良い影響を与えると言われていますので、レビトラやバイアグラを服用する際にはお酒はごく少量に抑えるようにしましょう。   レビトラやバイアグラなどのED治療薬はタバコの影響を受けるとされています。タバコを吸うとED(勃起不全)に悪影響を与える他、レビトラの効果を弱めてしまう可能性がありますのでタバコを吸う方は医師に相談するようにしましょう。   バイアグラの効果持続時間は4時間ほどとされていますが、レビトラの効果持続時間は10mgは4時間ほど、20mgは8時間ほどとより長くなっています。   バイアグラの有効成分であるシルデナフィルに比べてレビトラの有効成分であるバルデナフィルは効果の強い成分ですのでバイアグラよりも少量で強い効果を身体にもたらすことができます。レビトラはバイアグラやシアリスと比較して勃起の強さと硬さは一番だといわれています。   レビトラを服用すると刺激に対して感覚が鈍感になるとされています。そのために早漏症の傾向がある方はレビトラを試してみることが勧められています。 1-3. レビトラの用量 レビトラの用量は日本では5mg、10mg、20mgが正式に認可され販売されています。欧米では2.5mg、5mg、10mg、20mg、40mgと60mgまでが処方されています。欧米の方が1錠あたりの用量がより多い錠剤が販売されていますが、欧米でも初めて服用する方には10mgから服用するように勧められています。2.5mgと5mgは健康上の理由で通常の10mgを服用することができない方や、少しずつ量を増やして服用してみたい方のために開発されている小容量の錠剤です。10mgを服用して効果が弱かったら、2.5mgずつ少しずつ量を増やして服用することができるのです。しかし、日本では2.5mgは販売されていないので5mgを半分に切って用量を増やすなどの方法があります。用量を増やす際には必ず医師に相談して指示に従うようにしてください。 レビトラの最大服用可能用量は20mgになります。20mg以上の用量を服用すると強い副作用がでるなどの恐れがあるために個人の判断で用量を増やすことは避けましょう。最悪の場合はプリアピスムという持続勃起症になってしまう恐れがあります。勃起持続症になってしまった場合はすぐに医師に相談しに行ってください。   バイアグラの有効成分であるシルデナフィルとレビトラの有効成分であるバルデナフィルは同じような働きを身体にもたらします。しかし、用量に関しましては効果の出方が異なるために、それぞれ服用してみて医師に指事された用量から試すことをお勧めします。 1-4. レビトラをバイアグラと比較すると レビトラとバイアグラは有効成分の化学構造式がとてもよく似ているために、たくさんの共通点があります。 レビトラとバイアグラを服用する際に併用することができない併用禁忌薬と併用注意薬には多くの共通薬品名を含みます。 レビトラの併用禁忌薬は硝酸薬、抗真菌薬、HIV治療用の抗ウイルス薬、抗不整脈薬、高血圧症治療薬などです。 レビトラの併用注意薬はα遮断薬、CYP3A4阻害剤、CYP3A4誘導剤、急性心不全治療剤などとなっています。 レビトラを服用することができない方もバイアグラを服用することができない方とほとんど共通しています。 レビトラを服用することができない方は狭心症、心臓疾患(心筋梗塞、心不全など)、血管系疾患(冠動脈異常)、動脈異常、不整脈、高血圧、低血圧、網膜色素変性症、重い肝機能障害、重い腎臓障害などの症状を持っている方、HIV治療薬などの抗ウイルス薬、水虫の内服用の抗真菌薬を服用している方、QT延長症の方、過去に脳梗塞、脳出血を患ったことがある方などです。   レビトラはバイアグラに比べて副作用が軽くでるとされています。バイアグラを服用してみて副作用が強く出るという方はレビトラを服用することをおすすめします。 レビトラの副作用の中には頭痛、嘔吐、めまい、鼻づまり、動悸、ほてり、目の充血、胃のむかつき等があります。 レビトラとバイアグラを服用して、両方副作用が出たという方はシアリスを試してみると良いでしょう。   レビトラはバイアグラやシアリスなどと比べると糖尿病を患っている方に最も効果的なED治療薬だとされています。一般的に糖尿病の方はED治療薬が効きにくいといわれています。レビトラは3種類発売されているED治療薬の中で最も糖尿病に効果的なED治療薬だという調査結果が出ています。 レビトラとバイアグラの違いとしてもう一つ挙げられることは、バイアグラはジェネリック医薬品が日本で正式に購入することができることに対して、レビトラのジェネリックは海外でしか販売されていないという点です。バイアグラは最も古いED治療薬であり、バイアグラの特許は2014年5月に満了しています。その後、日本の製薬会社でもバイアグラのジェネリック医薬品をたくさん販売するようになりました。それまではED治療薬のジェネリック医薬品は海外からの通販を通して購入するか、海外に赴き処方を受けるしか方法がありませんでしたが、そのような方法に不安を感じる方もバイアグラのジェネリックを国内の病院やクリニックで処方を受けることができるようになりました。 一方レビトラの特許は2018年1月現在満了していません。レビトラの発売時期から計算すると2018年の後半あたりにはレビトラの特許が満了するのではないかと予想している人もいますが、正確な時期はまだ未定になっています。   レビトラのジェネリック医薬品 バイアグラと違って、レビトラのジェネリック医薬品は日本では正式にまだ認可されていない状況です。シアリスと同様レビトラのジェネリック医薬品はインドでのみ開発販売されています。しかし、これまでにインドで販売されていたレビトラのジェネリック医薬品の中でも新たに追加された有効成分の特許法が適応され、販売が中止されている医薬品がいくつかあるようです。レビトラのジェネリック医薬品を購入し服用する際には数々の注意点があります。それらの注意点を知りリスクを考慮に入れながらレビトラのオリジナルを服用するかレビトラのジェネリックを服用するかを選択する必要があります。   2-1. […]

Read More
February 16, 2018
【シアリス】ジェネリックとオリジナル、どちらがいい?

1.シアリスとは? 1-1. シアリスの有効成分 シアリスはタダラフィルという有効成分が含まれているED治療薬です。より知名度のあるバイアグラやレトビアと同様、男性のED(イーディー):Erectile Dysfunction、勃起不全を治療するために開発されたED治療薬であり医薬品です。 シアリスの有効成分であるタダラフィルは肺動脈性高血圧症の治療のための薬である「アドシルカ」と 前立腺肥大症の治療のための薬である「ザルティア」に用いられている薬でもあります。 シアリスはバイアグラとレビトラと同様に勃起の状態を維持することができなくする酵素であるPDE-5(5-ホスホジエステラーゼ)を有効成分であるタダラフィルにより阻害することで勃起の状態を維持することができるようにサポートします。また、血管を拡張し血流の流れを促進させることで勃起力をサポートするという効果をもたらします。   1-2. シアリスの魅力 シアリスは3種発売されているED治療薬の中で最も新しく発売された話題のED治療薬です。シアリスが国際的に発売されるようになった時期は2002年10月で、その後日本で正式に認可が降りて発売されたのは2007年7月です。2013年にはED治療薬の世界でのシェアは42%に到達し、現在ではバイアグラを追い越し、世界で最も売れているED治療薬になりました。人気の理由は長い効果の持続時間、食事の影響を受けにくいこと、副作用が少ないことなどが挙げられます。シアリスの持続時間は24時間から36時間までと長く、それまでに発売されていたバイアグラやレビトラが4〜5時間の持続時間を持っていることと比べると格段に長い持続時間を有しているED治療薬だということがわかります。長い持続時間は性行為をする時間を予測しながら服用するタイミングを計算したり、服用してから持続時間の間に性行為をしなくてはいけないなどの心理的負担を軽くすることができることなどから多くの男性の支持を得ています。金曜日の夜に服用すると週末の間中に効き目を感じることができることから海外では「ウィークエンドピル」と呼ばれ、多くの男性の人気を集めています。 シアリスの有効成分であるタダラフィルはバイアグラとレビトラの有効成分とは異なる化学構造式を持ってているために、その効果も大きく異なって表れます。シアリスの有効成分であるタダラフィルは水に溶けにくいという性質を持っているために、有効成分がゆっくりと徐々に体に吸収されます。このタダラフィルの遅効性の性質からシアリスには副作用が少なく、持続時間が長い効果をもたらすことが可能になりました。   1-3. シアリスの用量 シアリスは欧米では2.5mg、5mg、10mg、20mgと4種類の用量が販売されています。この数字はシアリスの中に含まれている有効成分であるタダラフィルの用量の数字です。 日本では5mg、10mg、20mgの3種類が正式に認可され、病院やクリニックなどの医療機関を通して処方を受けることができます。どの用量が一番適しているのかということはそれぞれ個人の体質などにより異なって表れます。ある方には10mgが最も適しており、他の方は20mgが最も適している場合があります。クリニックで診療を受けるときに医師の指示に従い適切な用量を服用することが最も望ましいでしょう。医師は通常、診療の際に様々な質問をしてどの用量が最も患者に適しているのかを決めます。一般的にシアリスを初めて服用する普通の男性に最も勧められている服用の用量は10mgです。シアリスの効き方は年齢と体重とはあまり関わりがないとされています。体重が多いからと言って必ずしも20mgが適しているとは言えません。まずは10mgを服用してみて試してみることをおすすめします。10mgを服用して見て効果が弱すぎると感じると、医師に20mgを処方してもらうように頼むことができます。 同様に20mgを処方してもらって副作用が強くでるようでしたら医師に10mgを処方してもらうように頼むことができます。     1-4. シアリス・デイリー (Cialis Daily) 海外でのみ販売されているシアリスの種類の中に「シアリス・デイリー(Cialis Daily)」というED治療薬があります。 用量は2.5mgと5mgの2種類が販売されています。 シアリス・デイリーは自然発生的にいつでも性行為をすることを可能にするために、シアリスの少量である2.5mgと5mgを毎日服用するようにするED治療薬です。シアリス・デイリーを服用するとED(勃起不全)の方でも、時間を気にすることなくいつでも性行為を楽しむことが可能になります。シアリス・デイリーの服用は医師の処方と許可を得る必要があり、週に2度以上の性行為をする人のみ服用することが可能になっています。シアリス・デイリーのように毎日服用しながらいつでも性行為を可能にすることができるED治療薬はバイアグラにもレビトラにもないシアリスだけの特徴です。 シアリスを服用する際には数々の注意点があり、常用している薬などがあれば医師に必ず申し出てシアリスと併用することができるかを確かめる必要があります。 また、持病などがある場合にも服用することができない場合がりますので医師に相談するか、服用の注意点を良く読んで確かめる必要があります。   1-5. シアリスをバイアグラと比較すると バイアグラは一番初めに開発されたED治療薬ということだけあって、世界的に最も知名度の高いED治療薬です。しかし、近年になってシアリスの人気はバイアグラに勝るほどになりました。バイアグラの方が知名度があるにも関わらずたくさんの男性たちがシアリスを選ぶにはそれなりの理由があります。 バイアグラの効果持続時間は4〜5時間とされ、性行為の1時間前に服用することが最も効果的だとされています。短い効果の持続時間の間に長い時間をかけてじっくりと性行為を行いたい方や、服用するタイミングを気にせずに性行為を行いたい方には不向きのED治療薬です。 バイアグラはまた、最も歴史の古いED治療薬ということだけあって副作用が最も強いED治療薬だとされています。もちろん副作用の出方には個人差があるのですが、シアリスは遅効型の医薬品なので徐々に時間をかけて有効成分が体内に吸収され効果を発揮していきます。ゆっくりと効果が体に回るので副作用の出方も緩やかになるのです。 バイアグラはシアリスに比べて食事の影響を受けやすいED治療薬です。空腹時に服用することが最も好ましく、食事の後に服用すると効果が半減するなどのデメリットがあります。シアリスは食事の影響を受けにくく、800カロリーまででしたら食後に服用しても満足した効果が表れるとされています。しかし、シアリスも空腹時に服用することが最も好ましいことは共通しています。シアリスはバイアグラに比べるとお酒の影響も少ないとされていますが、お酒はED(勃起不全)の症状自体に悪影響を与えるために少量に抑えた方が良いでしょう。 シアリスのデメリットは遅効型ということで、緊急時や急いでいる時に服用するには向かないED治療薬です。速効性を求めるのでしたらバイアグラとレビトラを服用する方が良いでしょう。シアリスを服用して最も効果を感じることができる服用のタイミングは性行為の3時間前ほどだとされています。 シアリスのデメリットとして、バイアグラやレビトラを比較すると勃起のサポート力が弱めだとされています。強い勃起力を求める方はバイアグラやレビトラを選ぶようです。勃起力の感じ方にも個人差があります。   バイアグラの特許が2014年5月に満了なってから、バイアグラのジェネリックは国内でも処方してもらうことができるようになりました。バイアグラのジェネリックが販売されてからは、シアリスの価格が余計に高く感じる方も多いことと思います。バイアグラのジェネリックは国内の大手製薬会社である東和薬品株式会社やキッセイ薬品工業株式会社、武田薬品株式会社などからも発売されているために安心して服用することができます。   2. シアリスのジェネリック医薬品   シアリスの特許はまだ有効期限の中にあるために、日本や欧米ではシアリスのジェネリックを正規で購入することはできません。日本で認証されているED治療薬の中でバイアグラのみが正式に厚生労働省からジェネリックの製造と販売が認可されています。 2-1. ジェネリック医薬品とは? ジェネリック医薬品とは「後発医薬品」とも呼ばれる医薬品のことをいいます。病院で処方を受ける医薬品の種類は2種類に分かれています。一つは新薬であり「先発医薬品」とも呼ぶことができる医薬品です。新薬は人々の病気に新たな治療効果をもたらすために新しい化学構造式を有する成分を含む医薬品を何百億円にも昇る莫大な開発費用をかけておよそ9年から17年もかけて開発されます。薬の効果と有効性、安全性を確かめるために数々の試験と実験、検査が繰り返され、販売されてからも再検査をする必要があるために薬の価格がどうしても高額になっていまいます。一方ジェネリック医薬品、または「後発医薬品」は、新薬の特許が20年から25年後に満了した後に有効成分や製造方法などの情報を提供してもらい開発される医薬品のことをいいます。ジェネリック医薬品は新薬と同等の効き目、効果、安全性を持って同量の有効成分を含む必要があるという規定の元に製造されているために、新薬と同等の効果を期待することができる医薬品です。ジェネリック医薬品は新薬をより飲みやすくするために添加物を加えたりして風味をつけたり、薬の形体を変化させたりすることができるようになっています。   2-1. シアリスのジェネリック医薬品とインド   シアリスのジェネリック医薬品はシアリスの特許がまだ有効であるために正式には国際的にも認可されての製造はされていません。日本でも厚生労働省の認可を受けて処方を受けることができるシアリスのジェネリック医薬品はありません。シアリスの国際的な販売開始は2002年ですので国際特許の平均的な有効期間である20年から25年を足して考えても、シアリスの正式なジェネリック医薬品が販売されるのは2018年1月現在、まだ先の話になりそうです。 […]

Read More