February 6, 2020
早漏は改善できる! - 早漏改善トレーニング方法

私たちの日常生活の中で、友人などから早漏についての相談を受けることは、おそらく稀であると思われます。そうすると、早漏の男性は、数が少ないのでないかと感じてしまいますよね。しかし、早漏で悩む男性は、意外と多いと聞きます。例えば、性機能障害の男性患者のうち、約30%が早漏を訴えていると言われています。また、女性の75%が、挿入からわずか2分も経たないうちに射精をされたことがあると述べている報告があります。このように、早漏で悩んでいる男性は、想像以上に多いのです。しかし、早漏を恥ずかしいことだと感じ、隠してしまう男性も多いと思われます。そのため、世間一般では、早漏に関する悩みをそう多く聞く機会がないのかもしれません。 それでは、そんな早漏を改善するためにはどうすれば良いのでしょうか。早漏の改善につながるトレーニングとしては、いくつか方法があります。それは、セックスの仕方の工夫であったり、日々の訓練であったりとさまざまです。また、意外に思われるかもしれませんが、バイアグラなどのED治療薬を使用することも、早漏改善のトレーニングとなります。 しかし、バイアグラをはじめとするED治療薬が、早漏の改善に役立つとは一体どういうことなのでしょうか。早漏を訴える男性の中には、勃起力が十分でない人がいます。そういった男性は、性行為において、挿入中であっても、ペニスが萎えてしまういわゆる『中折れ』という状態に陥りやすいのです。この中折れを回避しようとすると、男性は勃起を維持しなくてはと強く意識してしまいます。この勃起維持を意識する強い気持ちが、焦りに変化すると、その焦りはさらに射精を誘発する脳内信号となってしまうことがあります。そのため、勃起力が十分でない男性は、結果として早漏になってしまいやすいのです。そこで、バイアグラの登場です。バイアグラによって勃起力が高まれば、意識せずとも勃起を維持できるようになります。そうすると、勃起維持のために強い焦りを生じることもなくなるため、落ち着いて性行為を楽しむことができ、早漏が改善されるというわけです。これは、バイアグラの使用自体が早漏を改善するという説明でしたが、バイアグラの使用により、早漏が改善された状態で行う性行為は、トレーニングにもなります。トレーニングによる慣れで、いつか自然と早漏が治まることでしょう。

Read More
February 6, 2020
早漏と女性 - パートナーに対する気持ち2

早漏とは、自慰や性行為の最中に、男性の意に反する短時間で射精してしまうことを言います。この時、男性の性的満足感が満たされていないことは想像に難くありませんよね。それでは、パートナーである女性は、早漏の男性のことをどう思っているのでしょうか。 男性が早漏である場合、そのパートナーである女性の多くも、性的満足感が満たされていないと考えられます。何故なら、女性は男性と比べても、性的興奮の高まり方が緩徐であるからです。そのため、男性の早漏により、短時間で性行為が終了してしまうと、女性は十分に性的興奮を高めることができません。そして、結果として性的満足感が満たされないままとなってしまうのです。そもそも、早漏の定義について、女性側の意見としては「早漏とは、自分が満足する前に射精されること」とするものもあるため、やはり早漏の男性のパートナーである女性は、その性行為に満足できていないことが伺えます。 しかし、男性にとってもそのような状況は、大きなストレスとなるのではないでしょうか。早漏のせいでパートナーを十分に満足させられない男性は、精神的に落ち込み、自己効力感をも失ってしまうことがあります。これは、パートナーである女性に対して、申し訳なさや恥ずかしいといった気持ちを抱いているからだと考えられます。また、そうしたストレスから焦りを生じ、早漏防止に取り組んだものの、改善されなかったというケースも多々あります。そのような事態に陥ってしまうと、より大きなストレスや焦りを生じることとなり、まさに悪循環と言っても過言ではない状態になってしまうでしょう。そもそも、早漏の防止というのは、何の手段も企てずに取り組んだところで、個人で解決するには難しい問題であるとされています。 そこで、早漏の防止には、きちんとしたエビデンスのある方法を持ってして、取り組む必要があるのです。そのひとつとして挙げられるのが、ED治療薬の使用です。バイアグラなどが、その具体例として挙げられるのではないでしょうか。バイアグラは、勃起力を高め、亀頭やカリの膨張を助けます。そうして十分に膨らんだ亀頭やカリは、刺激への抵抗性が高まるのです。そのため、バイアグラを飲むと、刺激に耐えられるようになり、早漏が改善されるのです。バイアグラなどの薬は通販で気軽に購入できます。是非この機会にお試しください。

Read More
February 6, 2020
早漏と女性 - パートナーに対する気持ち

早漏時の女性の気持ち 女性には陰茎が存在せず、男性の早漏の苦しさや何とも言えないもどかしさは中々理解できません。そして、その苦しさを男性が話すのは気が引けてしまうことが多いと思います。では、早漏時の女性はどう考えていることが多いのかというと、早漏自体よりも慌てふためく男性の様子にネガティブな感情を抱きやすいようです。そこで、男性は早漏のことで悩むよりもパートナーとの性行為を充実させる方向に考えを変えたほうがいいでしょう。   早漏時の性交渉 性交渉は膣に陰茎を挿入するのがすべてではありません。前戯、後戯という挿入以外の性行為に重点を置くことで男性、パートナー双方の満足度は高まります。これは対症療法ということではなく、パートナーとの親密な関係を気づくうえでも重要です。早漏は性交渉時の過度なストレスや緊張が原因の場合もあるので、膣内に挿入する以外のことに意識を向けることで早漏という状態から意識が外れます。また、挿入以外での性交渉に満足のいく方法を見つけることで、パートナーとの性交渉で新たな発見が生じることもあります。 今まで挿入ばかりに気を取られていて気づかなかったパートナーがエクスタシーに達する新たな刺激や箇所などです。   考え方を変える 早漏になった患者は治療を始めますが、性交渉は続けるはずです。この際に性交渉に対する意識の変化が必要です。早漏の治療法として、パートナーと行うことが出来る行動療法があります。この治療法は医師がいない状況下で行い、かつパートナーの長期的な協力が必要です。この行動療法は簡単に言うと、簡単な状況から患者が何回かエクスタシーにいくのを我慢することを繰り返すというものです。この行動療法には、バイアグラのような治療薬を使わなくても可能という長所がありますが、短所もあります。短所として、性行為が治療の場になってしまい性的満足感が得られにくくなることです。男性本人はもちろん、女性にも性的フラストレーションがたまりやすいのでパートナーとの挿入以外でのコミュニケーションが大切になってきます。言い換えれば、この機会にパートナーとの性交渉のあり方について考える機会ができたともいえます。   まとめ 早漏時には男性本人にもパートナーにも戸惑いや不安が生じています。ただ、女性は男性が感じるような早漏そのものへの不安ではなく、早漏状態から生じる性行為時の雰囲気の変化にネガティブな感情を抱くようです。患者本人は治療をしつつ、性行為時に膣内に挿入する以外の性的満足感をパートナー、自分双方に感じられるように性行為をする必要があります。

Read More
February 6, 2020
早漏と加齢 - 性ホルモンの分泌

年齢が重なってきて、射精のコントロールが難しくなったと感じた方おられるはずです。 それもそのはず、加齢性の早漏は男性ホルモンや体力的な問題と大きく関わってくるからです。若い頃は代謝も良く、大量の男性ホルモン「テストステロン」が分泌され、精力もたくさんあったはずですが、年齢を重ねる事によりこの「テストステロン」の分泌量は低下していき、40歳を超える頃には性ホルモンの成長は止まるのです。 現代では、バイアグラやシアリスといったED薬によって、満足のいく性行為が行えるようになってきましたが、男性ホルモンについて知っておくと、また違った見解ができるのではないでしょうか?   性ホルモンと早漏れ テストステロンの分泌は、40代を超えてから急に分泌されなくなるものではなく、20歳を超える頃から徐々に下降していってるのです。テストステロンの分泌が低下していくと、下記のような症状があらわれます。 性生活 ● セックス時の勃起力が弱くなった ● 性欲の減少 ● セックスに対する快楽度の低下 ● 朝立ちの回数の減少 男性器の変化 ● 陰茎部が縮小されているような気がする ● 睾丸の容積がへり壁の割合が多くなる 逆説で言えば、性行為の回数が減れば減るほど、テストステロンの分泌が減るという事もあげられます。性行為を行う事によって、テストステロンの分泌が活性化するとも言われています。テストステロンの分泌が多いと、生き方が男らしくなり、集中力も増してきます。これも同じ事で、趣味や仕事に熱中する事によって、テストステロンの分泌が増えるという事です。   テストステロンを増加させよう ● 競技スポーツで戦う意欲を掻き立てる ● 仕事や趣味に没頭する ● 恋愛やセックスに興味をもつ ● 質の良い睡眠を心がけ、ストレスフリーな家庭環境を作る ポイントは、前向きで積極的な生き方をする事で、生活に潤いが持たされ、テストステロンの分泌を増進させることができるというわけです。 中高年に入り、ホルモン分泌の促進をおなざりにしていると勃起不全やうつ病、自律神経失調症などが現れる「男性更年期障害」になることがあります。早漏と勃起不全は大きく関係していることから、もしかして・・・と思い始めたら、まずは日常生活や心構えから改善していきましょう。 できる限りセックスを行い、男性ホルモンを活性化させて若さと、体力を持続し、早漏や勃起不全の症状に、悩むことなどない生活を心がけてみませんか?

Read More
February 6, 2020
男性ホルモンと早漏 - 男性ホルモンと早漏について

最近いまいち射精がコントロールできないと感じている方、早漏は男性ホルモンと大きく関係していることはご存知ですか? 男性ホルモンの減少と、早漏は背中合わせなのです。 この早漏と関係していて、睾丸内で生産されてる男性ホルモン、テストステロンは今や「モテホルモン」と呼ばれるくらい重要視されるようになって来ました。早漏対策だけでなく、日々の生活を充実させるには、このテストステロンは不可欠なので す。   なぜモテホルモン? テストステロンがたくさん分泌されると、 ● 性欲が多くなり、勃起能力が高まる ● 筋肉・骨格の増強 ● 動脈効果予防がアンチエイジングにも繋がる ● 向上心・競争心など積極的な行動をとる ● 脳内ホルモンのドーパミンが増え、幸福感を日々感じるようになりイキイキする モテる要素がたくさん詰まったテストステロン、分泌が減少されると、 ● 早漏・勃起力の低下 ● 鬱の症状 ● 自律神経失調症 ● 男性更年期障害 ● 自信喪失 など、全く男の人生においていいことなしの現象が現れるのです。早漏や勃起力を高めるなら、シアリスやレビトラなどといった、ED薬の力を借りることができます。充実したセックスライフを行うと、テストステロンが活性化されることから、これらのED薬の力を借りることによって、ホルモンを活性化させることは十分可能なのです。   早漏だけじゃない、モテホルモンの減少は健康にもよくない 肥満気味の方に、勃起不全や早漏の症状が多いとされています。メタボリックシンドロームと加齢が重なると、低テストステロン状態に陥ってしまいます。 メタボを改善することも、早漏や勃起力を高める要素となります。低テストステロンは、心臓疾患や癌の可能性も高くしてしまうのです。 男性ホルモンを活性化させ、早漏防止・勃起力の向上を目指しましょう。   充実したセックスライフ=テストステロンの分泌=早漏防止=男性健康維持 といことを覚えておきましょう。セックス自体に問題があるのなら、ED薬の力を借りて、基本的なことから改善されるとよいでしょう。 早漏と男性ホルモンは、切っても切れない関係ですが、ホルモン投与だけがホルモン活性に繋がるわけではありません。内面からの充実感も、ホルモン活性化に繋がるのです。 これを見ると「ちょいワルオヤジ」が流行ったのも理解できます。このオヤジたちは、内面が充実しているため、ホルモン活性化にいたり、外面にも性的アピールが出て来ているわけです。

Read More
February 5, 2020
男の早漏れ防止生活、早漏の原因

そもそも早漏の原因とはいったい何なのでしょうか。早漏にも様々なものがあり、初めてのセックスの時点ですでに早漏と呼ばれるような状態であった人もいるでしょう。また、長い性生活の経過の中で少しずつ射精までの時間が短くなり、早漏となってしまった人もいるかもしれません。本項では、早漏となる原因についてご説明いたします。   心因性によるもの まず、早漏の原因として多いのは、焦りや興奮などの心因性によるものです。身体機能には問題がなく、心因性の問題が原因の早漏が大多数と考えられます。この、早漏の原因とされる心因性というのは、いったい何を意味するのでしょうか。 ここでいう心因性の早漏というのは、性的興奮が原因であることを、ひとつ意味します。性行為において、心因性の原因の要素である性的興奮が高まりやすいのは、女性よりも男性です。すなわち、心因性の原因のひとつである性的興奮が高まり、その興奮が満足に至るのも、女性より男性の方が早いと考えられます。これが、早漏のひとつの原因となります。射精というのは、性的興奮がピークに達し、満足した瞬間に起こるものなのです。 そのため、男性よりも性的興奮が高まりにくい女性を差し置いて、男性が自然に任せて射精してしまうと、それは心因性が原因の早漏となってしまうのです。 また、性行為に慣れているかどうかというのも、易興奮性や射精のしやすさに関係します。これは、早漏の原因となり得る心因性の問題のひとつです。性行為に不慣れな男性は、性欲をコントロールすることがうまくできないため、一般的な男性よりも性的興奮がより高まりやすいと言われています。そのため、そういった男性は、すぐに射精してしまい、結果的に心因性要素が原因の早漏となりやすいです。しかし、この性的興奮の高まりやすさは、性行為に慣れることである程度克服できるものです。ゆえに、心因性要素を原因とする早漏としてはそれほど大きな問題とならないかもしれません。 一定のパートナーを相手にし続ければ、より性行為に慣れ、その興奮も落ち着いてくると思われます。ですので、ひとりの女性を愛し続けるというのも、心因性の問題が原因の早漏を改善するひとつのコツなのかもしれませんね。一方で、どれだけ性行為を重ねても、それがずっと同じパートナーであっても、性的興奮が高まりやすく、すぐに射精しそうになる方もいます。そのような状況で、心因性の早漏の症状を呈してしまう場合は、更なる工夫が必要となるかもしれません。例えば、性行為中に音楽をかけて早漏の原因となる興奮を紛らわせるとか、逆にリラックスできるムードを作って興奮を落ち着かせるなどが挙げられます。環境に働きかけることで射精を我慢することも、心因性の問題を原因とする早漏の改善には有効です。 上記のように、心因性の問題を原因としてすぐに射精してしまい、早漏となっている場合は、心身に問題はないため、大きく取り沙汰されることは多くありません。しかし、この射精のしやすさ、ひいては早漏の問題は、パートナーとの関係に亀裂を生じさせる原因となる可能性もあり、男性の性的な悩みとしてひそかに蔓延るものなのです。その行く末は、精神的な落ち込みや、心理的な症状にまで発展する可能性があるため、自分は早漏だと気づいた段階で防止策を講じることが重要です。 早漏の防止策としては、バイアグラなどのED治療薬が大きな効果を発揮します。精力剤や薬を用いた早漏の防止方法については後程触れることとして、早漏の原因について、心因性以外のものについても見ていきましょう。   身体的なもの 早漏の原因としては、心因性のものが多いと書きました。しかし、早漏の原因に身体的なものがないわけではありません。例えば、包茎による刺激への過敏性は、早漏の大きな原因のひとつです。それでは、包茎であるがために、刺激への過敏性が強いというのは、どういう状態なのでしょうか。ここでいう包茎とは、真性包茎も仮性包茎も含みます。包茎とはどんなものかをご想像ください。亀頭が皮に覆われていますよね。これが刺激への過敏性を高めてしまう大きな原因です。 つまり、真性包茎や仮性包茎は、普段亀頭が皮に覆われています。それゆえ、亀頭が刺激に慣れていないために、刺激への過敏性が強い状態となってしまうのです。包茎で覆われていた刺激への過敏性が強い亀頭は、一度に受ける外的な刺激が、過敏性の低い亀頭と比べると、大きなものとなります。先ほど、射精は興奮がピークに達した瞬間に生じると言いました。これは、より詳しく説明すると、興奮が限界値を超えると、射精中枢から射精命令が出ることで、射精が起きるということなのです。刺激への過敏性が強い亀頭が、大きな刺激を受けると、この射精中枢がいとも簡単に限界を超えてしまいます。そのため、大きな刺激は、普段包茎に覆われている過敏性の強い亀頭にとって、射精を誘発する原因となってしまうため、結果として早漏になってしまうのです。そこで、このような過敏性由来の早漏を防止するには、そもそも包茎を防止する必要があります。 早漏の防止のために、包茎を防止するには、オナニー方法を見直す必要があるでしょう。オナニーとひとくちに言っても、さまざまな方法のオナニーがあることを、男性の方はよくご存じだと思います。では、早漏の原因となる過敏性の強い包茎になりやすいオナニーとはどんなものなのでしょうか。 ひとつは皮オナニーが、包茎、ひいては早漏の原因として大きく取り上げられます。皮オナニーとは文字通り、ペニスを握り、皮ごと上下させて射精に至るオナニーのことです。この皮オナニーが、早漏の原因となる包茎を生じさせるのです。皮オナニーをすることで、皮自体が徐々に伸びていきます。そうすると、皮が亀頭を覆う包茎の状態となり、刺激への過敏性が強い亀頭になってしまうというわけです。 また、床オナニーも、早漏の原因としてあげられます。床オナニーとは、うつ伏せで寝転がり、ペニスに体重をかけて床と挟み込むことで刺激するオナニーです。床オナニーも皮オナニーと同じく、皮が伸びることで早漏の原因となるオナニーです。このように、オナニーの方法によっても、早漏の原因となる要因が多々あることが分かりました。早漏の原因となるオナニーを防止することも、早漏改善の大きな手段だと思われます。余談ですが、ペニスを全体重で刺激する床オナニーは、その刺激の強さから刺激への過敏性を低下させ、膣で射精できない状態に陥らせることもあります。早漏・遅漏共に原因となるオナニーなので、できるだけ控えることをおすすめします。   早漏を防止するための方法 ここまで、早漏の原因となる問題についてお話してきました。最後に、その早漏を防止するための方法についてお話します。 早漏を防止するもっとも簡単な方法は、バイアグラなどの精力剤を内服することです。何故、バイアグラが早漏の防止策となるのでしょうか。それは、バイアグラによって、勃起力が高められると、亀頭の刺激への過敏性を抑えることができるからです。バイアグラによる勃起力の増強は、血液の巡りを良くし、亀頭をパンパンに膨れ上がらせる効果もあります。亀頭がしっかり膨らむと、刺激への抵抗性が高まり、射精中枢への刺激も少なくなるため、射精を我慢できるようになります。そのため、包茎が理由で生じている早漏をバイアグラで防止することができるのです。 また、バイアグラの内服は、勃起に意識を集中しなくても勃起維持ができるようになる効果ももたらします。これにより、気持ちに余裕ができることも、早漏の原因である焦りを落ち着かせ、早漏を防止できる策となります。早漏を防止して、パートナーとのセックスを楽しむなら、是非バイアグラの使用も検討してみてはいかがでしょうか。 バイアグラ以外にも早漏の防止に効く薬はたくさんあります。また、早漏を防止するためのトレーニング方法もありますので、ご興味のある方は一度お調べください。

Read More
February 5, 2020
最強ED改善薬?シアリスのジェネリック

最強ED改善薬?シアリス 最強ED改善薬と呼ばれているシアリス。安全にシアリスを購入するには、本物がよいでしょうか?それともジェネリックか? シアリスとシアリスのジェネリックが、最強ED改善薬と呼ばれるのには、もっともな理由があります。シアリスは驚くことに36時間持続効果のある素晴らしいED薬なのです。 このシアリス・シアリスジェネリックの36時間というのは、性的興奮作用が起こったのみ約36時間シアリスの効果が持続するということで、シアリス・シアリスジェネリックを服用したからといって、36時間勃ちっぱなしということではありませんので、ご心配なく。このことからシアリス、並びにシアリスジェネリックは「ウィークエンドピル」とも呼ばれるようになりました。 このシアリスの持続時間のおかげで、性行為のたびに時間を計算してED薬を服用しなければいけないストレスも、シアリス・シアリスジェネリックなら半減されます。お出かけ前に1錠、シアリス・シアリスジェネリックを服用しておけばいいということです。 その上シアリス・シアリスジェネリックは食事の影響も受けにくく、服用のタイミングをそんなにも問わないことから、シアリス、シアリスジェネリックは世界シェアの41%も占めています。このことから、シアリス、シアリスジェネリック共に1番服用されているED薬といわれています。   もう迷わないシリアスとシリアスジェネリック バイアグラは知らない人がいないほど有名なED薬ですが、このシアリスも最強ED改善薬としてED薬の中でも、常に人気上位に君臨するほどおすすめなED薬の一つです。いきなり「シアリスがおすすめ」と口コミ等で書かれていても、半信半疑になって当たり前です。どんな症状であれ、治療薬を初めて試してみるのであれば前もって、シアリスについて知っておかなければ安心できないというものです。 シアリスにも、シアリスジェネリックがあり、近年様々なタイプのシアリスジェネリックが誕生しています。 気になるシアリスとシアリスジェネリック、一体どちらを購入すれば良いのか迷われている方、いらっしゃいませんか? シアリスジェネリック好みの方はやはり「経済的」「種類が豊富」ということからシアリスジェネリックを利用されている方が、ほとんどだと思います。   シアリスジェネリックとシアリスの価格の違い シアリスのジェネリックは、先発シアリスに比べ約40%〜80%リーズナブルになっているといえます。例えば、先発薬のシアリスが1錠約1400円〜1600円なのに対し、ジェネリックの場合は1錠約300円前後です。   ところでジェネリック医薬品とは? ジェネリック医薬品、今では処方箋で聞かれることが多々あります。ジェネリック医薬品というのは、先発薬(一番最初に、研究・開発・販売された治療薬) の特許が切れた後に製造・販売されているものです。ほとんどのジェネリック医薬品は、インドの製薬会社が受け覆っているといっても過言ではありません。インドにおけるジェネリック医薬品の製造・販売は人件費の安さから、医薬品が安価で販売できるため、発展途上国の人々にも治療が施せるというメリットもあるのです。ジェネリック医薬品の登場につき、それまでは貧困地に住まわれているため治療ができなかった方々にも、治療が施せるようになりました。   シアリスジェネリックとは? シアリスのジェネリックとして「タダライズ」「タダリス」などが、よく販売されています。シアリスのジェネリックも、先発シアリスと同じ効果が99%あると言われています。シアリスについての質問で、”シアリスのジェネリックは存在するのか?” というものがあります。 国際特許が切れていないシアリスは、日本の製造メーカーはシアリスのジェネリックを製造することができません。インドを含めた諸外国では、特許制度が違うためシアリスのジェネリックの製造及び販売が可能なのです。シアリスのジェネリックのほとんどは、インドで製造・販売されているといわれているのもこのためです。ED薬の中でもシアリスは薬価が高く設定されているため、海外産の先発シアリスや、シアリスのジェネリックが人気があるのです。     魅力的なシアリスのジェネリック シアリスにおけるジェネリック製品は、タブレットのみではありません。最強ED改善薬シアリスにもバイアグラジェネリックと同じように、フィルムタイプ、チュアブル、ソフトジェルなどのシアリスのジェネリックがある他、シアリスの最大成分量20gを超えるものや、早漏れ防止成分が含まれているジェネリックがシアリスにもあります。高品質な上安価でバリエーションも豊富なのが、シアリスのジェネリックの魅力です。   購入前に・・ちょっと待って!シアリスの正規品 シアリス購入方法の一つとして、初めてシアリスを試される方は、一度受診されてから医師からの処方箋でシアリスを試してみることも考えた方が良いでしょう。受診をすることによって、勃起不全の症状の度合いや、シアリスが体に合わない、またはシアリスについて質問がある場合などといったことにも対応してもらえるからです。初回受診をして、シアリス服用に何の問題もなかった場合は安心してシアリスを服用できるというメリットがあります。 そのほかのシアリス購入方法として、海外通販でシアリスを購入するといった方法もあります。     安心してシアリス購入 様々な治療薬がネットにより購入できるようになり、シアリスのネット購入に対して気なるのは「このシアリスはシアリス正規品なのか?」ではないでしょうか?シアリス正規品はネットで購入することは可能ですが、安心して服用するためにはまずそのシアリス正規品と書かれているものが本物かどうかを見分けなければいけません。 シアリス購入方法で一番肝心なのは、偽物ではないことです。 「おすすめ!本物激安シアリス!」「本物!最強ED改善薬シアリス正規品激安!」「シアリス正規品お得セット激安!」などとネット上に表記されている場合は、まずシアリス正規品ではないと疑った方が良いでしょう。各医薬品のジェネリックは確かに安価ではありますが、医薬品に激安はありえないのです。 シアリスのジェネリックを販売されているなら、「シアリスが安価で購入できる」「シアリス正規品、安価」と記載されているページにシアリスのジェネリックということについて書かれているはずです。 シアリス購入方法として、ネットを使用することにより無駄な時間が省け、便利ですが、安心してシアリスを購入できるサイトを見つけることが大切です。 安全なシアリス購入方法は、良い個人輸入代行業者を見つけ出すことです。シアリスを含む治療薬を決められた数量以上に購入しようとされた場合に、何らかのお知らせがくるはずです。「シアリス激安セット」でなくても、決められた数量以上のシアリスの購入を認めてしまう業者は、おすすめできません。 他にも「激安」と値段を重視したページであったり、「シアリス激安セット」などと書かれていたりするのは薬事法違反なのです。シアリスは”個人が使用する1ヶ月分のみ個人輸入が可能”となりますので、「激安セット」で販売するのは違法となるのです。 激安などといった、甘い言葉に惑わされて「おすすめシアリス正規品激安セット」を購入してしまうと、取り返しのつかないことになりかねません。     知っておいて損はない?シアリスについて シアリスの歴史 シアリスは日本で3番目に認可を受けた、ED薬です。近年では安心して個人輸入でシアリスが購入できるようにもなりました。 日本国内のシアリスは、日本イーライリリー社が製造、日本新薬が販売している安全性の高いED薬です。現在ED薬の中で、一番効果作用時間が長いのがこのシアリスで、体内への吸収も早く、即効性が高いことから「最強ED改善薬シアリス」と呼ばれるようになってきました。 2003年に販売が開始されたシアリス。日本国内では2005年9月に厚生労働省へ承認申請が行われ、2007年より日本イーライリリーからシアリスの製造が開始されました。2009年より日本新薬へシアリスの販売は移管され、シアリスの製造元と販売元が別になりました。 シアリスは勃起不全のみでなく、前立腺肥大症にも2014年医薬品として承認されています。   シアリスの有効成分 シアリスはタダラフィルという有効成分によって構成されています。バイアグラの有効成分シルデナフィル、レビトラの有効成分バルデナフィル、どれも酵素PDE-5に作用し男性の勃起を促すのは変わりはありませんが、有効成分が違うため効果の現れ方にもそれぞれ違った特徴があります。 シアリスの有効成分タダラフィルはブロックのような構造をしているので、シアリスが体内に吸収されるまでに時間がかかることから、シアリスの効能持続時間は他の2つと異なり長くなるのです。   シアリスの構造 […]

Read More
February 5, 2020
スーパーカマグラの安全性と副作用

スーパーカマグラとは スーパーカマグラには、シルデナフィル100mgとダポキセチン60mgという2種類の有効成分が含まれており、ED(Erectile Dysfunction: 勃起不全)の症状と早漏の症状への併用療法を行うことができる画期的なED治療薬です。   シルデナフィルは、世界で初めて発売されたED治療薬であるバイアグラに含まれている有効成分です。シルデナフィルは男性が性交を行うために十分に硬く強い陰茎の勃起を得ることができ、また勃起の状態を持続させることをサポートすることができる成分です。 シルデナフィルはホスホジエステラーゼ-5(PDE5)阻害剤であり、陰茎への血液の流れを促進させ、勃起の状態を萎えさせてしまう体内で生成される酵素であるホスホジエステラーゼ-5(PDE5)を有効成分の働きにより阻害することで勃起の状態を維持することができるようにサポートします。シルデナフィルは、長年バイアグラと、そのジェネリック医薬品を通して世界中の男性たちに使用され、素晴らしい効果をもたらしています。   ダポキセチンは、男性の早漏(PE: Premature Ejaculation)を治療する有効成分であり、女性の膣に挿入後1〜2分以内に射精してしまうという早漏症で悩む男性たちに、服用するだけで射精を制御し、タイミングを遅らせることを可能にする成分です。ダポキセチンはうつ病を治療するための抗うつ剤であるセロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)というタイプのクラスに分類される医薬品になります。   スーパーカマグラは、インドのムンバイに本社を置くアジャンタファーマ社(Ajanta Pharma Ltd.)によって製造されています。アジャンタファーマ社はインドにおいてED治療薬のみならず、様々な種類のジェネリック医薬品を製造し、世界的に輸出販売を行っている有名な製薬会社です。アジャンタファーマ社が製造したジェネリック医薬品の多くはアメリカのFDA(米国食品医薬品局)にて承認され販売されています。インドは独自の特許法に基づいて国際的な特許が正式に満了する前にジェネリック医薬品の製造販売を行っているために、インドのジェネリック医薬品はアフリカなどの多くの発展途上国の医療を支えている重要な医療資源となっています。   アジャンタファーマ社が製造販売している勃起不全(ED)の治療に使用されるジェネリック医薬品は代表的にカマグラとカマグラゴールド、スーパーカマグラがあります。カマグラはバイアグラのジェネリック医薬品としては世界的に人気が最も高いED治療薬として知られています。   スーパーカマグラに含まれる有効成分と服用方法 スーパーカマグラ錠には、クエン酸シルデナフィル100mgとダポキセチン60mgが含まれています。日本で正式に承認を受けているバイアグラの最大の用量は50mgであり、ダポキセチンは通常30mgから服用し始めることが推奨されています。そのため、普通の体型の日本人がスーパーカマグラを服用する際には必ず半分、或いは4分の1に切って服用する必要があります。4分の1の少量から服用し始めてみて、効果の出方を実感してみて効果を感じることができなかったら少しずつ用量を増やしていく方法も良いでしょう。   少なくともコップ1杯の水と共に服用し、性交の1〜3時間前にスーパーカマグラを服用してください。 1回服用したら、次回に服用するまでには少なくとも24時間が経過していなければなりません。   スーパーカマグラの副作用 スーパーカマグラは、正しい用量と用法を守って服用すれば強い副作用が出たりすることは稀になります。マイルドな副作用がでることは個人差がありますが、報告されています。   スーパーカマグラの副作用には、吐き気、めまい、頭痛、火照り、消化不良、視覚異常、鼻詰まり、背中痛、筋肉痛、吐き気、めまい、発疹、下痢、不眠症および疲労などがあります。   スーパーカマグラの副作用は、バイアグラの副作用と、ダポキセチンが含まれた早漏防止薬の新薬であるプリリジーの副作用を組み合わせたものになります。   吐き気、めまい、頭痛、発汗などの副作用は、プラセボと比較してスーパーカマグラで治療した患者により頻繁に報告されました。   全ての医薬品への副作用の出方には個人差があります。 そのため、副作用が気になるという方は、特に少量から服用することが推奨されています。日本人の普通の体型ですと4分の1に切ってから服用し始めることをおすすめします。   スーパーカマグラを服用して副作用が強く出たという方は、大抵このことをよく知らずに1錠丸々服用してしまっていたりするケースが多くなります。スーパーカマグラはその名のとおりスーパーな威力を持っているED治療薬ですので、必ず量を調整して服用するようにしてください。   副作用を避けるためにスーパーカマグラを服用する際は飲酒を控える 飲酒をしてスーパーカマグラを服用すると、アルコール関連の神経認知効果が高まるために、失神などの神経心臓発作の有害事象などの深刻な事態にも及ぶ危険性があります。したがって、スーパーカマグラを服用する際は、アルコールを避けるように患者は指示されます。     スーパーカマグラの過剰投薬: 1回で1錠丸々服用しないこと シルデナフィルによる過剰投薬による副作用は、勃起不全、吐き気、胸痛、不規則な鼓動、長期勃起を引き起こす可能性があります。 持続勃起症が24時間以内に治療されない場合、陰茎は永久的に損傷され、将来の勃起を困難にする可能性があります。スーパーカマグラを過剰に服用してしまい、持続勃起症が起こってしまった場合には、救急で病院に行き医療処置を受けてください。   ダポキセチンによる過剰投薬の症状には、傾眠、吐き気や嘔吐などの胃腸障害、頻脈、震え、興奮、めまいなど、セロトニンが仲介する有害反応になります。   スーパーカマグラを服用するべきではない人と服用の注意点 ・性行為を心臓血管の症状を患っているために医師から止められている場合には、スーパーカマグラを服用するべきではありません。 ・スーパーカマグラを服用して勃起が4時間以上続く場合、患者は病院で緊急治療を受ける必要があります。 ・副甲状腺機能亢進を患っている患者は、スーパーカマグラを注意して服用する必要があります。できるだけ服用を避けた方が良いでしょう。 ・スーパーカマグラを服用して片眼または両眼に視力の突然の喪失が生じた場合には直ちに医療施設での治療を受ける必要があります。このような場合は非動脈性前虚血性視神経症(NAION)の兆候である可能性があります。スーパーカマグラは、非動脈性前虚血性視神経症(NAION)の病歴を持つ患者には、予期される利点がリスクを上回る場合にのみ、注意して服用する必要があります。 ・突然の聴力の低下または喪失した場合に直ちに医師の診察を受ける必要があります。 […]

Read More
June 18, 2018
病院でのED治療のメリットとデメリット

病院でのED治療のメリットとデメリット   はじめに   世界的にたくさんの男性たちがED(イーディー)と呼ばれる勃起不全を患っています。英語ではErectile Dysfunctionと呼ばれ、日本語では勃起不全あるいは勃起障害を意味します。EDは性行為をする時に勃起の状態を維持することができなかったり、勃起を十分にすることができなかったり、中折れや早漏れなどをしてしまうことで満足な性行為をすることができない症状をいいます。   2003年に発表されたクビン(Kubin M)氏らが執筆した「勃起不全の疫学(Epidemiology of erectile dysfunction)」という論文によると世界の男性の内5〜20%が中等度及び完全なEDであるとされています。 世界的にEDの患者数は増加傾向にあり1995年には推定して1億5,200万名であり、2025年には3億2,200万名に倍増すると推定されています。 日本での状況はといいますと、30歳から79歳の間の男性へ1998年に調査を行なった結果によるとEDの有病者は約1,130万名と推定とされました。そのうちに中等度EDが約870万名となり、完全EDが約260万名となっています。日本では高齢化が進んでいるので、この調査の後も増加の傾向が認められており、今後も増加していく傾向が予想されています。   EDの種類は大きく分かれて機能性と器質性の2種類に分かれています。   20代から30代の若い世代のED(勃起不全)の原因は大部分が心因性だといわれています。40代以上の中年から中高齢の世代のEDの原因の大部分は加齢あるいは糖尿病や高血圧病などの生活習慣病からくる器質性だといわれています。   日本の30~79歳の既婚男女を対象に2000年4月に行われたアンケートによると男性回答者のうちに29.9%がEDであると自覚しているのに対して、医療機関に相談したことがある人の確率はわずか4.8%という少数にとどまっている結果がでました。 医療機関に診療に行かない理由としては「日常生活にさほど影響がない」「困ったことがない」「セックスに関心がない」などという理由が多く見られました。 病院に行くことを阻む要因としては「恥ずかしい」「どこの病院に行ったらよいかわからない」「費用が高い」などが多数でした。また、アンケート回答者の80%がEDの病院での治療へ何らかの保険の適用をするべきだと考えているという調査結果が出ています。(「勃起障害及びその治療に関する一般市民意識調査」博慈会記念総合病院泌尿器科・白井 將文先生他・参考)   この調査結果によるとED(勃起不全)を感じている男性の多くは病院へ行くことへの精神的な、経済的な抵抗感を感じているようです。実際のところ、プライベートなことを他の人に打ち明けたくなかったり、病院に行く時に感じる心理的な苦痛などを感じてまで病院に行きたくないという方も多いのではないかと思います。また、日本ではほとんどの場合、ED治療のために保険が効かないために、高額な診療費用を払ってまでも病院で治療しようとするには至らない現状があると思われます。   病院に行くと、ある特定の持病や病気を患っている方、または併用禁忌薬、併用注意薬を服用している人を除くとED治療薬を処方して対応することがほとんどのようです。 それ以外の治療法には心理治療、ICI治療(陰茎に直接注射をする治療方法)、陰圧式勃起補助具を使って治療する方法、男性ホルモン補充療法、陰茎湾曲形成術、血行再建術、ED1000(勃起不全衝撃波治療)、陰茎プロステーシス手術などがあります。   このように様々な治療法がありますが、高額な診療費用を払ってまで病院で治療を受けるメリットは本当にあるのでしょうか。或いはED治療薬を個人的に通販を通して購入した方が節約することもできるしより良いメリットがあるのでしょうか。   次の章からは、ED治療のために病院へ行くことのメリットとデメリットを順を追って見て行くことにします。   EDの種類と分け方   2-1. EDの種類   EDの種類を大きく分けると器質性EDと機能性EDに分けることができます。   器質性EDとはED(勃起不全)の原因が身体的な要因により引き起こされるEDのことをいいます。   機能性EDとは心理的な要因、精神的な要因、精神疾患的な要因から引き起こされるEDのことをいいます。   この二つの大きなEDのうちにほとんどの場合、ED治療のために病院で治療を受けることができるEDの種類は器質性EDになります。 機能性EDの方の場合は、ED治療薬が服用可能な方にはED治療薬を服用するように導かれると共に、心理・精神治療のために心理治療、専門科や専門機関に紹介されるなどして他機関で治療をするように医師からの指導を受けることになります。   病院やクリニックではまずはじめに問診やカウンセリングなどを行ないます。機能性EDの方でもED治療のための医療施設を訪問することは可能ですが、ほとんどのED治療のための医療施設では主に器質性EDを治療することができます。機能性EDの方はED治療のための病院を訪れると共に、心理治療を受けたり、カウンセリングを受けたり、精神病科などに行って治療してみることをおすすめめします。   1)器質性ED   ① 生活習慣病からの器質性ED   器質性EDをより細かく分けると生活習慣病からのEDがあります。糖尿病、高血圧症、動脈硬化、男性更年期症、肥満症などからの派生症状、或いは合併症状としてEDが表れることです。 […]

Read More
February 19, 2018
【トピック】ED治療薬と精力剤の違い

1.はじめに (Introduction)  健やかで喜びを感じる性交を日常の一部として体験することができると、心も身体も生き生きとして幸せを感じますよね。しかし、近年ED(イーディー)と呼ばれる男性の勃起不全が多くの男性の方の間で広まり、お悩みの男性が年々多くなっています。EDは英語の「勃起不全」を意味するErectile Dysfunctionであり、各単語の頭文字をとって略しED(イーディー)と呼ばれるようになりました。もしあなたが性交の際にうまくいかずに一人で悩まれているようでしたら、そんな方は一人ではないので気落ちすることはありません。私たちが簡単に入手できるED治療薬や精力剤などを服用するか、病院かクリニックに行って治療受けるなどの前向きな行動をとるなどしてまた健やかな毎日を取り戻すことができますので安心して元気を出しましょう。 ED治療薬で現在代表的な医薬品はバイアグラ、レトビア、シアリス、カマグラゴールドなどになっています。 一方精力剤は滋養強壮効果と精力向上のために服用するサプリメントや医薬品ではない薬剤、健康食品などをいいます。 以前はED(イーディー)は中高年以上の方に多く見られる症状でしたが、近頃20代や30代の若い世代の方にも多く見られる症状となりました。その原因としては日々の食生活、喫煙や不健康な生活習慣などが挙げられます。不健康な習慣を誘発する根本的な原因は日々のストレスにあったり、精神心理的な不安、怖れ、怒りなどのネガティブな感情にあると言われています。このような生活習慣から血管が収縮し血流が悪化し、勃起のために必要な血流の流れがスムーズに機能しなかったりする症状となって現れます。また、男性ホルモンの低下などによりうまく勃起することができない症状もあります。ED(イーディー)を患っている方の中には男性更年期障害、糖尿病、動脈硬化などの病気が発症していたりするケースも多く見られます。   ED(イーディー)の特徴は、性欲はあるしセックスはしたいのに、勃起することができなかったり、勃起している状態を維持することができなかったり、中折れしてしまうというような状態になってしまう症状をいいます。性欲を感じることができない場合には精神・心理的な問題があったり、男性ホルモンが低下していることが考えられるので医師に相談をしてみることをおすすめします。   パートナーとの関係を持つ時のみにこのようなED(イーディー)を経験される例もたくさんいらっしゃいます。このようなケースでは自慰や朝立ちでは正常に勃起することができるのに、パートナーとの性交の時にのみ困難を経験するケースです。この場合の原因としては、過去のパートナーとの関係性においてのトラウマ、日々の家庭や仕事生活におけるストレス、不安、怖れなど様々な複合的要因が考えられます。   ED治療薬と精力剤の違いの概要    2.1. ED治療薬とは?   ED治療薬とはED(イーディー)と近年定着して呼ばれるようになった男性の勃起不全、性交をする時にうまく勃起することができなかったり、勃起の状態を維持できなかったり、勃起の状態の時の強度不足、性交中の中折れなどの症状を改善させるための薬の総称です。 服用すると数時間で確実な効果を得ることができ、服用してから30分から1時間で効果が出るものが多く、その持続時間は数時間から2日くらいまでと長いものまでが販売されています。 ED治療薬は「医薬成分」が含まれている医薬品です。 代表的なED治療薬はバイアグラ、レビトラ、シアリス、カマグラゴールドなどです。 これらのED治療薬は日本では病院へ行って医師による処方が必要な医薬品ですのでドラッグストアなどでは購入することはできません。日本ではその他、通販でも購入することができます。病院へ行くことが恥ずかしかったり、プライバシーを守りながらED治療薬を服用することをお望みの方には、信頼できる個人輸入代行を行っているオンライン・ショップの通販で購入をおすすめします。   2.2 精力剤とは? 一方精力剤はより良い健康状態を維持するため、また性機能増強のためにサプリメントとして飲むタイプの薬剤および一般食品のことを呼びます。このような意味では、滋養強壮やホルモンの分泌を促すための成分とミネラル・栄養を含んだ市販の健康食品や清涼飲料水などのタイプの食品も含まれることになります。 精力剤は古くから人々に服用されていた薬剤も多く、漢方薬の成分に見られるような高麗人参(朝鮮人参)、マムシ、サソリ、すっぽん、にんにく、ローヤルゼリーというような私たちにも馴染み深い材料から抽出されるものが多く販売されています。 これらの自然の原材料から亜鉛、マカ、シトルリン、アルギニン、トリプトファンなどの成分を生成し、その成分が薬品によってはとても少量なものからから適量に含まれるものまでが市販されています。   精力剤の一番の特徴は長い間かけて飲み続けながら体質改善をすることでその効果を期待するというものです。ですので、精力剤は今夜これから大事な夜を迎える時に即効的な効果を期待して服用すると思ったような効果は得られません。長い間根気よく飲み続けていると漢方薬のように徐々に体質が改善されていくケースが多く見られるようです。しかし、その効果は人により様々で、根本的な解決にはつながらなかったという例も見られるのが現状というところです。ED治療薬は対処療法として服用し、精力剤を併用して長期的に服用し総合的な精力の向上させる方法があります。   ED治療薬と精力剤の違いの詳細   3.1. ED治療薬の詳細:効果と効用、成分など ED治療薬には勃起効果を上げるための医薬成分が含まれていることから、即効性と確実性が期待できる医薬品です。臨床試験の結果、80%以上の方に効果があったという結果があるので、勃起のための対処療法としては効果の高い医薬品です。ED治療薬の中でも日本でよく知られている医薬品はバイアグラ、レビトラ、シアリス、カマグラゴールドなどです。 ED治療薬はED(イーディー)の症状に対処して服用すると効果を上げることができる医薬品ですが、勃起不全の原因を根本的に解決する医薬品ではありません。ED治療薬は即効性が高く、大事な時のために服用すると効果的な医薬品ですが、毎日決まった量を決まった時間に飲んでEDを治療するための医薬品ではありません。   ED治療薬の医薬的な効果は大きく分けて二つになります。 ①一つは勃起の状態を持続させるための要素を破壊する酵素を薬の中の成分によって抑制し、勃起を持続させることができるようにする機能です。 ②二つ目は血管を拡張し、血流の流れを促進させることで勃起する機能を高める効果です。 ED治療薬は精液の量を増やしたり性欲を向上させたりするなどの性的興奮作用や性欲増進作用はありません。また、ED治療薬は一時的に勃起を促す薬品ですので、勃起不全の症状を根本的に解決することにはつながりません。効果は即効性が強く、服用してから30分から数時間で効果を感じることができ、その多くはその日のうちに効果がなくなります。シアリスとそのジェネリック医薬品はその効果が24時間から36時間効果が持続する持続性の高いED治療薬です。   ED治療薬は胎児にも母胎にも全く悪影響を与えることがないとされていますので、妊娠を目的に性行為をされる方にも安心して服用していただけます。ED治療薬の中には不妊治療に使われる成分を含む医薬品もあります。 ED治療薬は空腹時に飲むとより速い高い効果を感じることができます。食事をする時は油分を控えた食事をし、お酒を服用する時は少量に制限することが服用条件として望ましいとされています。 バイアグラ、レビトラ、シアリス、カマグラゴールドなどのED治療薬の中で一番有名なバイアグラは勃起する効果を促進するという良い効果がありますが、一方射精をしにくくなるという ディスアドバンテージがあります。このような点を考えてみると長い目で見てED治療薬から根本的にED(イーディー)を治療することにはある程度の限界があるようです。 一番安全な服用のしかたは泌尿器科、内科、形成外科の医師に診療してもらい処方してもらう方法です。一人一人の症状に合わせて医師がED治療薬の種類と用量・用法を正確にアドバイスして処方してくれるので簡単ですし安心して服用することができます。クリニックによっては男性更年期障害専門外来や生活習慣病専門外来などの専門的な診療をする病院もありますので調べていけば安心して診察を受けることができます。 一方バイアグラ、レビトラ、シアリス、カマグラゴールドなどのED治療薬を通販などで購入すると自分自身で用法・用量を正確にリサーチしてその指示どおりに服用する必要があります。海外で販売され通販で購入できるED治療薬の中には日本人の平均的な摂取量より多い量で成分が含まれている薬剤も多く販売されているために自ら服用前に正しい用量と用法をしっかりと把握して摂取量を調整する必要があります。場合によっては錠剤をカットしたりする必要があるものもあるので良く調べてから購入することをお勧めします。 通販で購入して正しい用量と用法を守ることができないとED治療薬は副作用が起きやすいので注意が必要です。 通販で購入する際のその他の注意は、信頼できない業者を通して購入すると正規品ではないものであったり、ニセモノの商品を販売しているという業者もありますのでしっかりとリサーチを行なった後、信頼できる個人輸入代行を行っているオンライン・ショップを見定めて購入するとよいでしょう。 3.2. 精力剤の詳細:効果と効用、成分など 精力剤は漢方薬や多くの国と地域における民間療法薬品として広く飲まれてきた滋養強壮と精力を向上させるための薬剤と食品です。精力剤の主な原料は自然の材料から作られているので、化学薬品であるED治療薬と比べると体により優しく勃起不全を治療することができます。 精力剤の効果と効用としては以下のようなものが挙げられます。 […]

Read More
February 19, 2018
病院でのED治療のメリットとデメリット

はじめに 世界的にたくさんの男性たちがED(イーディー)と呼ばれる勃起不全を患っています。英語ではErectile Dysfunctionと呼ばれ、日本語では勃起不全あるいは勃起障害を意味します。EDは性行為をする時に勃起の状態を維持することができなかったり、勃起を十分にすることができなかったり、中折れや早漏れなどをしてしまうことで満足な性行為をすることができない症状をいいます。 2003年に発表されたクビン(Kubin M)氏らが執筆した「勃起不全の疫学(Epidemiology of erectile dysfunction)」という論文によると世界の男性の内5〜20%が中等度及び完全なEDであるとされています。 世界的にEDの患者数は増加傾向にあり1995年には推定して1億5,200万名であり、2025年には3億2,200万名に倍増すると推定されています。 日本での状況はといいますと、30歳から79歳の間の男性へ1998年に調査を行なった結果によるとEDの有病者は約1,130万名と推定とされました。そのうちに中等度EDが約870万名となり、完全EDが約260万名となっています。日本では高齢化が進んでいるので、この調査の後も増加の傾向が認められており、今後も増加していく傾向が予想されています。 EDの種類は大きく分かれて機能性と器質性の2種類に分かれています。 20代から30代の若い世代のED(勃起不全)の原因は大部分が心因性だといわれています。40代以上の中年から中高齢の世代のEDの原因の大部分は加齢あるいは糖尿病や高血圧病などの生活習慣病からくる器質性だといわれています。 日本の30~79歳の既婚男女を対象に2000年4月に行われたアンケートによると男性回答者のうちに29.9%がEDであると自覚しているのに対して、医療機関に相談したことがある人の確率はわずか4.8%という少数にとどまっている結果がでました。 医療機関に診療に行かない理由としては「日常生活にさほど影響がない」「困ったことがない」「セックスに関心がない」などという理由が多く見られました。 病院に行くことを阻む要因としては「恥ずかしい」「どこの病院に行ったらよいかわからない」「費用が高い」などが多数でした。また、アンケート回答者の80%がEDの病院での治療へ何らかの保険の適用をするべきだと考えているという調査結果が出ています。(「勃起障害及びその治療に関する一般市民意識調査」博慈会記念総合病院泌尿器科・白井 將文先生他・参考) この調査結果によるとED(勃起不全)を感じている男性の多くは病院へ行くことへの精神的な、経済的な抵抗感を感じているようです。実際のところ、プライベートなことを他の人に打ち明けたくなかったり、病院に行く時に感じる心理的な苦痛などを感じてまで病院に行きたくないという方も多いのではないかと思います。また、日本ではほとんどの場合、ED治療のために保険が効かないために、高額な診療費用を払ってまでも病院で治療しようとするには至らない現状があると思われます。 病院に行くと、ある特定の持病や病気を患っている方、または併用禁忌薬、併用注意薬を服用している人を除くとED治療薬を処方して対応することがほとんどのようです。 それ以外の治療法には心理治療、ICI治療(陰茎に直接注射をする治療方法)、陰圧式勃起補助具を使って治療する方法、男性ホルモン補充療法、陰茎湾曲形成術、血行再建術、ED1000(勃起不全衝撃波治療)、陰茎プロステーシス手術などがあります。 このように様々な治療法がありますが、高額な診療費用を払ってまで病院で治療を受けるメリットは本当にあるのでしょうか。或いはED治療薬を個人的に通販を通して購入した方が節約することもできるしより良いメリットがあるのでしょうか。 次の章からは、ED治療のために病院へ行くことのメリットとデメリットを順を追って見て行くことにします。   EDの種類と分け方   2-1. EDの種類   EDの種類を大きく分けると器質性EDと機能性EDに分けることができます。 器質性EDとはED(勃起不全)の原因が身体的な要因により引き起こされるEDのことをいいます。 機能性EDとは心理的な要因、精神的な要因、精神疾患的な要因から引き起こされるEDのことをいいます。 この二つの大きなEDのうちにほとんどの場合、ED治療のために病院で治療を受けることができるEDの種類は器質性EDになります。 機能性EDの方の場合は、ED治療薬が服用可能な方にはED治療薬を服用するように導かれると共に、心理・精神治療のために心理治療、専門科や専門機関に紹介されるなどして他機関で治療をするように医師からの指導を受けることになります。   病院やクリニックではまずはじめに問診やカウンセリングなどを行ないます。機能性EDの方でもED治療のための医療施設を訪問することは可能ですが、ほとんどのED治療のための医療施設では主に器質性EDを治療することができます。機能性EDの方はED治療のための病院を訪れると共に、心理治療を受けたり、カウンセリングを受けたり、精神病科などに行って治療してみることをおすすめめします。   1)器質性ED   ① 生活習慣病からの器質性ED 器質性EDをより細かく分けると生活習慣病からのEDがあります。糖尿病、高血圧症、動脈硬化、男性更年期症、肥満症などからの派生症状、或いは合併症状としてEDが表れることです。 生活習慣病からのEDは保険が適応されて治療を受けることも可能なことがあります。生活習慣病からのEDの方は医師に相談されることをおすすめします。 ② 他の病気、持病からの器質性ED 以下のような病気を患っているとEDが発症する可能性が高くなります。合併症状として、これらの病気の症状が悪化するとEDの症状も悪化して行きます。 これらの病気を患っているとしても全ての人がEDの症状を併せ持っているのではなく、高い確率でEDを患うことがあるということを意味します。 他の病気、持病からの器質性EDの治療も保険が適応されることもありますので医師に相談してみることをおすすめめします。   - 下部尿路症状/ 前立腺肥大症   ・蓄尿症状(頻尿,尿意切迫感,尿失禁) ・排尿症状(尿勢低下,尿線散乱,尿線途絶,排尿遷延,腹圧排尿) ・排尿後症状(残尿感,排尿後滴下) 下部尿路症状/ […]

Read More
February 19, 2018
【バイアグラ】ジェネリック VS オリジナル

バイアグラとは?   1-1. バイアグラの有効成分 バイアグラは有効成分シルデナフィルを含む世界で初めて開発発売されたED治療薬です。ED治療薬とはED(イーディー)と略して呼ばれ、英語ではErectile Dysfunctionという男性の勃起不全の症状を治療するために開発された医薬品です。ED治療薬はPDE-5阻害薬とも呼ばれ、勃起の状態を萎えさせてしまう体内で生成される酵素であるPDE-5(5-ホスホジエステラーゼ)を有効成分の働きにより阻害することで勃起の状態を維持させることを可能にします。また、ペニスの筋肉をリラックスさせることで血流を促進させ強く硬い勃起をすることをサポートします。   1-2. バイアグラの魅力   バイアグラは1998年にアメリカで発売された当初は多くの男性たちの悩みを解決する夢の薬として世界中の男性たちから注目を浴びました。日本では1999年に認可が降りて発売され始めました。 バイアグラの魅力は、一番初めに開発されたED治療薬ということもあり、長年かけて培われた医薬品としての信頼と実績にあるといって良いでしょう。バイアグラは勃起の時に強く硬いサポートをしてくれるということでも人気があるED治療薬です。  バイアグラは一番初めに発売されたので、3種類発売されているED治療薬の中では食事の影響を受けやすかったり、効果時間が短く、副作用が比較的多いなどの点も挙げられますが、それでもED治療薬といえばバイアグラを思い浮かべる人が多いことからもわかる通り、たくさんの人に親しまれ愛用されているED治療薬です。  1-3. バイアグラの用量 バイアグラは国内の医療機関では25mgと50mgのみ販売されています。欧米ではバイアグラは25mg、50mg、100mgと3種類までが販売されています。 どの用量を服用するかは医師の指示に従って自らの体型と体質に合った用量を服用する必要があります。処方された用量で薬の効果があまり感じることができないような場合は必ず医師に相談した上で用量を増やすことができます。個人の判断で服用する用量を増やすことは避けましょう。 海外のバイアグラ・ジェネリックのほとんどは50mgから始まるものが多いので、用量の数字をよく確認し、ピルカッターなどを利用して半分に切ってから服用する必要があるなどの注意点があります。 バイアグラのジェネリック医薬品   バイアグラはED治療薬であり医薬品なので薬局やドラッグストアなどでは購入することはできません。日本の国内で購入するためには医師の処方が必要になります。 ED(勃起不全)の治療は日本の厚生労働省が保険適応を認めていないので自由診療になります。ED(勃起不全)の治療のために病院やクリニックに行くと、保険が適応されないために診療費や医薬品代は全て自己負担になってしまいます。 クリニックや病院によっては診療科を払わないで薬代だけを負担するところもありますが、初診料や再診料などの診療料金がかかる医療施設もあります。 経済的な負担を軽減したい方は、様々なオプションがありますのでしっかりとリサーチをして病院を選ぶと少しずつでも節約することは可能です。   同じED(勃起不全)の治療でも糖尿病、高血圧症、男性更年期障害、性機能損傷と性機能障害が原因でED(勃起不全)が生じている場合には保険が適応されるケースもあります。上記のような症状を患っているためにED(勃起不全)になっている方は医師に相談されることをおすすめします。   身体の健康状態は良好なのにED(勃起不全)を経験しているという方は、残念ながら現在の日本では保険が適応されないので病院からの処方によりで正規の値段で購入するか、海外からの個人輸入代行業者を通しての通販で買う必要があります。   2-1. ジェネリック医薬品とは? ED治療薬を購入する経済負担を軽くするための方法は「ジェネリック医薬品」を購入することです。ジェネリック医薬品は他の言葉では「後発医薬品」といい、新薬の特許が満了した後に新薬と同等の効用・効果・安全性・品質を持ちながら安価で購入することができる医薬品のことをいいます。 新薬は10年から15年ほどの長い年月をかけて人々が患っている病気への新しい効果をもたらすために、新しい構造式を持つ有効成分を含む医薬品を開発します。この間には数々の研究、実験、試験、検査が伴うために何百億円という費用がかかります。このような理由から新薬は高価な値段で販売せざるを得ない状況があります。 一方ジェネリック医薬品は新薬の開発の時にあらかじめ確かめられた有効成分を同量含み、風味や添加物などを変えて開発販売される医薬品です。新薬の特許満了後に製造方法などの情報を提供してもらい開発するのでその開発期間も約3年で開発費用も約1億円となっています。このような開発プロセスの違いからジェネリック医薬品は安価で新薬と同等の効用を持った薬を患者たちに届けることが可能になっています。 ジェネリック医薬品が新薬から変更していい部分は風味、色、添加物、形状などです。新薬が錠剤のみ販売されていたら、ジェネリック医薬品は口の中で噛んで飲むタイプ、ジェリー状のタイプ、コップに入れて溶かして服用するタイプなど様々な形状があります。 2012年8月に発表された中央社会保険医療協議会の薬価専門部会資料によるとヨーロッパのジェネリック医薬品の普及は70%以上、アメリカでは90%以上と大多数なのに比べて日本のジェネリック普及率は2016年度の日本ジェネリック製薬協会調べによると65.5%と低くなっています。   2-2. 日本のバイアグラ・ジェネリック バイアグラは3種類発売されているED治療薬の中で唯一国内の製薬会社がジェネリック医薬品を製造することが認可されているED治療薬です。日本の製薬会社がジェネリック医薬品を販売することができる理由は、バイアグラの特許が2014年5月に満了になっているからです。バイアグラよりも後に発売されたレビトラとシアリスはまだ特許が有効であるために国内の製薬会社はジェネリック医薬品を開発することが許されていません。 バイアグラのジェネリック医薬品は日本の医療機関にて処方してもらうことができます。バイアグラの新薬に比べると、ジェネリック医薬品の平均価格は25mgで600円 ~ 900円ほど、50mgで900円 ~ 1200円ほどとなっていて、バイアグラの平均価格が25mg でおよそ1,200 ~1,500円 ほど、50mgでおよそ1,400 ~ 2,000円 ほどですので、割安になっています。   日本のバイアグラのジェネリック医薬品は国内での通販では購入することはできません。日本で処方される国内の製薬会社の医薬品の通販は法律により禁止されています。しかし、バイアグラとバイアグラの海外で製造されたジェネリック医薬品を個人輸入代行などをとおして輸入することは法律では認められています。 このために、プライバシーなどがネックになり医療施設に赴きたくないという方は、日本のバイアグラのジェネリック医薬品を購入することは難しい状況です。近頃はスタッフ全員が男性のクリニックなどもありますので、日本のバイアグラのジェネリック医薬品を購入したいという方はお近くに男性専用のクリニックなどがあるか調べてみると良いかもしれません。   […]

Read More
February 18, 2018
【レビトラ】ジェネリック VS オリジナル

1.レビトラとは? 1-1. レビトラの有効成分 レビトラはバルデナフィル(Vardenafil)という有効成分を含むED治療薬であり医薬品です。 ED(イーディー)とは英語ではErectile Dysfunctionといい、日本語では勃起不全を意味する言葉です。日本で正式に認可が下りているED治療薬の新薬はバイアグラ、レビトラ、シアリスの3種類になります。レビトラはバイアグラの次に販売されるようになったED治療薬です。 レビトラとバイアグラ、シアリスは共にPDE-5阻害薬と呼ばれ、勃起の状態を維持することができなくする体内で生成される酵素あるPDE-5(5-ホスホジエステラーゼ)を有効成分により阻害することで、勃起の状態を維持することができるようにサポートするED治療薬です。ED治療薬は体内にある一酸化窒素の働きを促進させることで性器の筋肉をリラックスさせます。筋肉が緩むと勃起した時に流れ込むことができる血流の流れと量が増加します。このような作用からよりスムーズで強い勃起をすることができるようにサポートし、性行為をするために十分な長い勃起時間を維持することができるようにします。 レビトラはドイツに本社を置くバイエル薬品株式会社が製造販売し、2003年にFDA(米国食品医薬品局)から認可を受け国際的に発売されるようになり、日本では2004年6月に厚生労働省の認可を得て発売されるようになりました。バイエル薬品株式会社は欧米では頭痛薬の代名詞のようになっているアスピリンを製造している大手製薬会社です。   1-2. レビトラの魅力 レビトラとバイアグラは有効成分の化学構造式がとても似ていることから、その効果と効用もよく似ています。レビトラはバイアグラより新しく開発されたED治療薬であることからバイアグラの短所を改良して発売されたED治療薬ということで知られています。   レビトラの一番の魅力は効果の速効性にあります。服用して最短では15分ほどで効果が表れることから、緊急のシチュエーションや思いがけずパートナーと性行為をするようなことになった時にも直前に服用することでED治療薬としての効果を感じることができます。 服用するタイミングとして最も適した時間は性行為の45分〜1時間前とされています。レビトラの速効性はレビトラの有効成分であるバルデナフィルが水に溶けやすい性質があるために起こる効果です。 レビトラはバイアグラに比べて食事の影響を受けにくいED治療薬だとされています。バイアグラは食事の後に服用すると効果が半減してしまうとされていて、食後に服用する際は少なくても1時間、できれば2時間以上空けて服用しないと満足な効果を感じることができない性質を持っています。 レビトラは食後最低30分ほど空けると服用することが可能だとされています。食事の内容はあっさりしたものを中心に700カロリーまでなら影響は少ないとされています。レビトラは食事の影響を受けにくく、速効性のあるED治療薬として発売当初に話題となりました。しかし、レビトラも最も効果を感じることができる服用のタイミングは空腹時になります。 食前に服用する際には少なくても30分前に服用すると有効成分が体内に吸収された後に食事をすることになりますので大きな問題には繋がりません。1時間ほど前に服用するとより良いでしょう。   レビトラはバイアグラに比べてお酒の影響も受けにくいED治療薬だとされています。一般的にED(勃起不全)の症状自体にお酒は悪影響を与えるので飲酒は控えた方が良いと言われています。レビトラとお酒の連関を研究した結果では、レビトラはお酒を一緒に服用しても健康に大きな影響を及ぼすことはなく安全だという調査結果が出ています。しかし、お酒を服用するとレビトラの有効成分が体内でより多く吸収されやすくなってしまうので副作用が強く出てしまう恐れがあります。お酒は気分をリラックスさせる効果があることから少量ですとED(勃起不全)に良い影響を与えると言われていますので、レビトラやバイアグラを服用する際にはお酒はごく少量に抑えるようにしましょう。   レビトラやバイアグラなどのED治療薬はタバコの影響を受けるとされています。タバコを吸うとED(勃起不全)に悪影響を与える他、レビトラの効果を弱めてしまう可能性がありますのでタバコを吸う方は医師に相談するようにしましょう。   バイアグラの効果持続時間は4時間ほどとされていますが、レビトラの効果持続時間は10mgは4時間ほど、20mgは8時間ほどとより長くなっています。   バイアグラの有効成分であるシルデナフィルに比べてレビトラの有効成分であるバルデナフィルは効果の強い成分ですのでバイアグラよりも少量で強い効果を身体にもたらすことができます。レビトラはバイアグラやシアリスと比較して勃起の強さと硬さは一番だといわれています。   レビトラを服用すると刺激に対して感覚が鈍感になるとされています。そのために早漏症の傾向がある方はレビトラを試してみることが勧められています。 1-3. レビトラの用量 レビトラの用量は日本では5mg、10mg、20mgが正式に認可され販売されています。欧米では2.5mg、5mg、10mg、20mg、40mgと60mgまでが処方されています。欧米の方が1錠あたりの用量がより多い錠剤が販売されていますが、欧米でも初めて服用する方には10mgから服用するように勧められています。2.5mgと5mgは健康上の理由で通常の10mgを服用することができない方や、少しずつ量を増やして服用してみたい方のために開発されている小容量の錠剤です。10mgを服用して効果が弱かったら、2.5mgずつ少しずつ量を増やして服用することができるのです。しかし、日本では2.5mgは販売されていないので5mgを半分に切って用量を増やすなどの方法があります。用量を増やす際には必ず医師に相談して指示に従うようにしてください。 レビトラの最大服用可能用量は20mgになります。20mg以上の用量を服用すると強い副作用がでるなどの恐れがあるために個人の判断で用量を増やすことは避けましょう。最悪の場合はプリアピスムという持続勃起症になってしまう恐れがあります。勃起持続症になってしまった場合はすぐに医師に相談しに行ってください。   バイアグラの有効成分であるシルデナフィルとレビトラの有効成分であるバルデナフィルは同じような働きを身体にもたらします。しかし、用量に関しましては効果の出方が異なるために、それぞれ服用してみて医師に指事された用量から試すことをお勧めします。 1-4. レビトラをバイアグラと比較すると レビトラとバイアグラは有効成分の化学構造式がとてもよく似ているために、たくさんの共通点があります。 レビトラとバイアグラを服用する際に併用することができない併用禁忌薬と併用注意薬には多くの共通薬品名を含みます。 レビトラの併用禁忌薬は硝酸薬、抗真菌薬、HIV治療用の抗ウイルス薬、抗不整脈薬、高血圧症治療薬などです。 レビトラの併用注意薬はα遮断薬、CYP3A4阻害剤、CYP3A4誘導剤、急性心不全治療剤などとなっています。 レビトラを服用することができない方もバイアグラを服用することができない方とほとんど共通しています。 レビトラを服用することができない方は狭心症、心臓疾患(心筋梗塞、心不全など)、血管系疾患(冠動脈異常)、動脈異常、不整脈、高血圧、低血圧、網膜色素変性症、重い肝機能障害、重い腎臓障害などの症状を持っている方、HIV治療薬などの抗ウイルス薬、水虫の内服用の抗真菌薬を服用している方、QT延長症の方、過去に脳梗塞、脳出血を患ったことがある方などです。   レビトラはバイアグラに比べて副作用が軽くでるとされています。バイアグラを服用してみて副作用が強く出るという方はレビトラを服用することをおすすめします。 レビトラの副作用の中には頭痛、嘔吐、めまい、鼻づまり、動悸、ほてり、目の充血、胃のむかつき等があります。 レビトラとバイアグラを服用して、両方副作用が出たという方はシアリスを試してみると良いでしょう。   レビトラはバイアグラやシアリスなどと比べると糖尿病を患っている方に最も効果的なED治療薬だとされています。一般的に糖尿病の方はED治療薬が効きにくいといわれています。レビトラは3種類発売されているED治療薬の中で最も糖尿病に効果的なED治療薬だという調査結果が出ています。 レビトラとバイアグラの違いとしてもう一つ挙げられることは、バイアグラはジェネリック医薬品が日本で正式に購入することができることに対して、レビトラのジェネリックは海外でしか販売されていないという点です。バイアグラは最も古いED治療薬であり、バイアグラの特許は2014年5月に満了しています。その後、日本の製薬会社でもバイアグラのジェネリック医薬品をたくさん販売するようになりました。それまではED治療薬のジェネリック医薬品は海外からの通販を通して購入するか、海外に赴き処方を受けるしか方法がありませんでしたが、そのような方法に不安を感じる方もバイアグラのジェネリックを国内の病院やクリニックで処方を受けることができるようになりました。 一方レビトラの特許は2018年1月現在満了していません。レビトラの発売時期から計算すると2018年の後半あたりにはレビトラの特許が満了するのではないかと予想している人もいますが、正確な時期はまだ未定になっています。   レビトラのジェネリック医薬品 バイアグラと違って、レビトラのジェネリック医薬品は日本では正式にまだ認可されていない状況です。シアリスと同様レビトラのジェネリック医薬品はインドでのみ開発販売されています。しかし、これまでにインドで販売されていたレビトラのジェネリック医薬品の中でも新たに追加された有効成分の特許法が適応され、販売が中止されている医薬品がいくつかあるようです。レビトラのジェネリック医薬品を購入し服用する際には数々の注意点があります。それらの注意点を知りリスクを考慮に入れながらレビトラのオリジナルを服用するかレビトラのジェネリックを服用するかを選択する必要があります。   2-1. […]

Read More
February 16, 2018
【シアリス】ジェネリックとオリジナル、どちらがいい?

1.シアリスとは? 1-1. シアリスの有効成分 シアリスはタダラフィルという有効成分が含まれているED治療薬です。より知名度のあるバイアグラやレトビアと同様、男性のED(イーディー):Erectile Dysfunction、勃起不全を治療するために開発されたED治療薬であり医薬品です。 シアリスの有効成分であるタダラフィルは肺動脈性高血圧症の治療のための薬である「アドシルカ」と 前立腺肥大症の治療のための薬である「ザルティア」に用いられている薬でもあります。 シアリスはバイアグラとレビトラと同様に勃起の状態を維持することができなくする酵素であるPDE-5(5-ホスホジエステラーゼ)を有効成分であるタダラフィルにより阻害することで勃起の状態を維持することができるようにサポートします。また、血管を拡張し血流の流れを促進させることで勃起力をサポートするという効果をもたらします。   1-2. シアリスの魅力 シアリスは3種発売されているED治療薬の中で最も新しく発売された話題のED治療薬です。シアリスが国際的に発売されるようになった時期は2002年10月で、その後日本で正式に認可が降りて発売されたのは2007年7月です。2013年にはED治療薬の世界でのシェアは42%に到達し、現在ではバイアグラを追い越し、世界で最も売れているED治療薬になりました。人気の理由は長い効果の持続時間、食事の影響を受けにくいこと、副作用が少ないことなどが挙げられます。シアリスの持続時間は24時間から36時間までと長く、それまでに発売されていたバイアグラやレビトラが4〜5時間の持続時間を持っていることと比べると格段に長い持続時間を有しているED治療薬だということがわかります。長い持続時間は性行為をする時間を予測しながら服用するタイミングを計算したり、服用してから持続時間の間に性行為をしなくてはいけないなどの心理的負担を軽くすることができることなどから多くの男性の支持を得ています。金曜日の夜に服用すると週末の間中に効き目を感じることができることから海外では「ウィークエンドピル」と呼ばれ、多くの男性の人気を集めています。 シアリスの有効成分であるタダラフィルはバイアグラとレビトラの有効成分とは異なる化学構造式を持ってているために、その効果も大きく異なって表れます。シアリスの有効成分であるタダラフィルは水に溶けにくいという性質を持っているために、有効成分がゆっくりと徐々に体に吸収されます。このタダラフィルの遅効性の性質からシアリスには副作用が少なく、持続時間が長い効果をもたらすことが可能になりました。   1-3. シアリスの用量 シアリスは欧米では2.5mg、5mg、10mg、20mgと4種類の用量が販売されています。この数字はシアリスの中に含まれている有効成分であるタダラフィルの用量の数字です。 日本では5mg、10mg、20mgの3種類が正式に認可され、病院やクリニックなどの医療機関を通して処方を受けることができます。どの用量が一番適しているのかということはそれぞれ個人の体質などにより異なって表れます。ある方には10mgが最も適しており、他の方は20mgが最も適している場合があります。クリニックで診療を受けるときに医師の指示に従い適切な用量を服用することが最も望ましいでしょう。医師は通常、診療の際に様々な質問をしてどの用量が最も患者に適しているのかを決めます。一般的にシアリスを初めて服用する普通の男性に最も勧められている服用の用量は10mgです。シアリスの効き方は年齢と体重とはあまり関わりがないとされています。体重が多いからと言って必ずしも20mgが適しているとは言えません。まずは10mgを服用してみて試してみることをおすすめします。10mgを服用して見て効果が弱すぎると感じると、医師に20mgを処方してもらうように頼むことができます。 同様に20mgを処方してもらって副作用が強くでるようでしたら医師に10mgを処方してもらうように頼むことができます。     1-4. シアリス・デイリー (Cialis Daily) 海外でのみ販売されているシアリスの種類の中に「シアリス・デイリー(Cialis Daily)」というED治療薬があります。 用量は2.5mgと5mgの2種類が販売されています。 シアリス・デイリーは自然発生的にいつでも性行為をすることを可能にするために、シアリスの少量である2.5mgと5mgを毎日服用するようにするED治療薬です。シアリス・デイリーを服用するとED(勃起不全)の方でも、時間を気にすることなくいつでも性行為を楽しむことが可能になります。シアリス・デイリーの服用は医師の処方と許可を得る必要があり、週に2度以上の性行為をする人のみ服用することが可能になっています。シアリス・デイリーのように毎日服用しながらいつでも性行為を可能にすることができるED治療薬はバイアグラにもレビトラにもないシアリスだけの特徴です。 シアリスを服用する際には数々の注意点があり、常用している薬などがあれば医師に必ず申し出てシアリスと併用することができるかを確かめる必要があります。 また、持病などがある場合にも服用することができない場合がりますので医師に相談するか、服用の注意点を良く読んで確かめる必要があります。   1-5. シアリスをバイアグラと比較すると バイアグラは一番初めに開発されたED治療薬ということだけあって、世界的に最も知名度の高いED治療薬です。しかし、近年になってシアリスの人気はバイアグラに勝るほどになりました。バイアグラの方が知名度があるにも関わらずたくさんの男性たちがシアリスを選ぶにはそれなりの理由があります。 バイアグラの効果持続時間は4〜5時間とされ、性行為の1時間前に服用することが最も効果的だとされています。短い効果の持続時間の間に長い時間をかけてじっくりと性行為を行いたい方や、服用するタイミングを気にせずに性行為を行いたい方には不向きのED治療薬です。 バイアグラはまた、最も歴史の古いED治療薬ということだけあって副作用が最も強いED治療薬だとされています。もちろん副作用の出方には個人差があるのですが、シアリスは遅効型の医薬品なので徐々に時間をかけて有効成分が体内に吸収され効果を発揮していきます。ゆっくりと効果が体に回るので副作用の出方も緩やかになるのです。 バイアグラはシアリスに比べて食事の影響を受けやすいED治療薬です。空腹時に服用することが最も好ましく、食事の後に服用すると効果が半減するなどのデメリットがあります。シアリスは食事の影響を受けにくく、800カロリーまででしたら食後に服用しても満足した効果が表れるとされています。しかし、シアリスも空腹時に服用することが最も好ましいことは共通しています。シアリスはバイアグラに比べるとお酒の影響も少ないとされていますが、お酒はED(勃起不全)の症状自体に悪影響を与えるために少量に抑えた方が良いでしょう。 シアリスのデメリットは遅効型ということで、緊急時や急いでいる時に服用するには向かないED治療薬です。速効性を求めるのでしたらバイアグラとレビトラを服用する方が良いでしょう。シアリスを服用して最も効果を感じることができる服用のタイミングは性行為の3時間前ほどだとされています。 シアリスのデメリットとして、バイアグラやレビトラを比較すると勃起のサポート力が弱めだとされています。強い勃起力を求める方はバイアグラやレビトラを選ぶようです。勃起力の感じ方にも個人差があります。   バイアグラの特許が2014年5月に満了なってから、バイアグラのジェネリックは国内でも処方してもらうことができるようになりました。バイアグラのジェネリックが販売されてからは、シアリスの価格が余計に高く感じる方も多いことと思います。バイアグラのジェネリックは国内の大手製薬会社である東和薬品株式会社やキッセイ薬品工業株式会社、武田薬品株式会社などからも発売されているために安心して服用することができます。   2. シアリスのジェネリック医薬品   シアリスの特許はまだ有効期限の中にあるために、日本や欧米ではシアリスのジェネリックを正規で購入することはできません。日本で認証されているED治療薬の中でバイアグラのみが正式に厚生労働省からジェネリックの製造と販売が認可されています。 2-1. ジェネリック医薬品とは? ジェネリック医薬品とは「後発医薬品」とも呼ばれる医薬品のことをいいます。病院で処方を受ける医薬品の種類は2種類に分かれています。一つは新薬であり「先発医薬品」とも呼ぶことができる医薬品です。新薬は人々の病気に新たな治療効果をもたらすために新しい化学構造式を有する成分を含む医薬品を何百億円にも昇る莫大な開発費用をかけておよそ9年から17年もかけて開発されます。薬の効果と有効性、安全性を確かめるために数々の試験と実験、検査が繰り返され、販売されてからも再検査をする必要があるために薬の価格がどうしても高額になっていまいます。一方ジェネリック医薬品、または「後発医薬品」は、新薬の特許が20年から25年後に満了した後に有効成分や製造方法などの情報を提供してもらい開発される医薬品のことをいいます。ジェネリック医薬品は新薬と同等の効き目、効果、安全性を持って同量の有効成分を含む必要があるという規定の元に製造されているために、新薬と同等の効果を期待することができる医薬品です。ジェネリック医薬品は新薬をより飲みやすくするために添加物を加えたりして風味をつけたり、薬の形体を変化させたりすることができるようになっています。   2-1. シアリスのジェネリック医薬品とインド   シアリスのジェネリック医薬品はシアリスの特許がまだ有効であるために正式には国際的にも認可されての製造はされていません。日本でも厚生労働省の認可を受けて処方を受けることができるシアリスのジェネリック医薬品はありません。シアリスの国際的な販売開始は2002年ですので国際特許の平均的な有効期間である20年から25年を足して考えても、シアリスの正式なジェネリック医薬品が販売されるのは2018年1月現在、まだ先の話になりそうです。 […]

Read More
February 15, 2018
バイアグラを服用する際の注意点

1. はじめに バイアグラは血管の壁を緩ませることで血管を拡張させ、血流の流れを促進させながら勃起力をサポートするED治療薬です。また、勃起の状態を萎えさせてしまう体内で生成される酵素であるPDE-5(5-ホスホジエステラーゼ)を、バイアグラに含まれている有効成分であるシルデナフィルにより阻害することで勃起の状態を維持することができるようにサポートする医薬品です。 バイアグラはもともと高血圧症や狭心症の治療のために開発された薬です。臨床実験をしている際に本来の治療目的の狭心症へは思ったような効果が上がりませんでしたが、被験者の中でED(勃起不全)への効果を感じることを発見した人がいたことからED治療薬として開発販売されるようになりました。バイアグラが開発販売される以前は世界にバイアグラのようなED治療薬は存在しなかったことから、1998年にアメリカでバイアグラが発売された当初は世界の男性たちから夢の薬と言われ、ブルーのダイヤモンドの形の錠剤がトレードマークになり大きな話題となりました。 バイアグラはイギリスのファイザー製薬の研究者たちの間で研究開発され、アメリカのファイザー製薬より販売されるようになりました。発売から10年後の2008年には19.9億円以上の収益をファイザー製薬にもたらし、現在まで世界中の男性の間で愛用されています。 2016年12月には2500万人以上の世界の男性がバイアグラの処方を受けたというデータがファイザー製薬の調査から発表されています。バイアグラを服用している男性のうちたくさんの方々は処方を受けるのではなく通販でバイアグラを購入しているため、実際にはどれほどたくさんの方がバイアグラを服用しているのかを未知数です。ファイザー製薬の調査結果ではバイアグラを服用すると5人のうちの4人の方が性行為をするために十分な強い勃起力を維持することができたという結果が出ています。 バイアグラは健全な性行為をするために勃起をすることができなかったり、勃起の状態を維持することができなかったり、中折れしてしまたったり、強度不足を感じるなどの勃起不全の症状を改善するためのED治療薬です。ED(イーディー)とは英語ではErectile Dysfunctionといい、この言葉を略してEDと呼び、日本語では勃起不全を意味します。バイアグラはED治療薬として服用する時のみに適切な効果を発揮するのであり、勃起不全ではない男性がバイアグラを服用しても適切な効果を感じることができない医薬品です。 バイアグラの効果を研究している研究者の間ではバイアグラを服用すると化学的な効用により勃起力を改善することができるという本来の効果の他に、大きなプラシーボ効果を確認することができたと発表しています。プラシーボ効果とは、医学用語で実際には薬としての効果のない糖分でできた錠剤などを効果がある薬だと患者に信じさせて服用させると実際に患者の症状が改善される試飲理的な現象をいいます。バイアグラにはED治療薬としての効用と共に、ポジティブな心理的効果も服用する方々にもたらしているようです。   バイアグラを服用する際の注意点   バイアグラはED治療薬でありシルデナフィルという有効成分が含まれた医薬品です。全ての医薬品がそうであるように、バイアグラを服用する際には数々の注意点があります。 バイアグラを服用する際の注意点として一番に挙げられることは、勃起不全が身体物理的な問題から発生しているのであって心理的な問題から発生しているのでないことを確かめる必要があります。医師の診療を受けると医師からの質問に答えながら自らの症状を医師に相談し、バイアグラが症状を改善するために最も適したED治療薬であることを確かめる必要があります。常用で服用している薬などがあれば医師に話し、バイアグラを服用しても問題がないかを医師に確認しましょう。 1)持病のある方 バイアグラを服用する際の注意点として、バイアグラを服用する前に、自らの体調が性行為をするために十分な健康状態にいるかを確かめることが重要になります。性行為は運動の一種として捉えられるため、心臓にある程度の負担をかけます。心臓が弱かったり、心臓疾患を患っている方の中で性行為自体を医師に止められている方はバイアグラの服用を避ける必要があります。   バイアグラの服用注意点として、以下の中の項目に持病がある方は服用を避け医師に相談してください。   ・狭心症 ・心臓疾患(心筋梗塞、心不全など) ・血管系疾患(冠動脈異常) ・動脈異常(大動脈瘤、動脈硬化) ・不整脈 ・高血圧(100mmHg/170mmHg以上) ・低血圧(90mmHg/50mmHg以下) ・血友病 ・網膜色素変性症、進行性の夜盲 ・NAION(非動脈性前部虚血性視神経症) ・重い肝機能障害(肝硬変など) ・重い腎臓障害 ・白血病などの血液の病気 ・QT延長症 ・HIV治療薬などの抗ウイルス薬、水虫の内服用の抗真菌薬を服用している方 ・過去に脳梗塞、脳出血などの脳血管の病気を患ったことがある方 ・他の勃起不全治療薬・勃起補助器具を使用している方 ・シルデナフィル製剤、バイアグラやバイアグラのジェネリック医薬品を服用してアレルギー反応(過敏症)が出た方 ・ペニスに関わる病気、奇形のある方 上記の症状を過去に患ったことがある方、服用できるか定かでないと思う方は医師に必ず相談してください。   65歳以上の高齢の方、胃や十二指腸の消化性潰瘍を患っている方も服用を避けるか、医師に相談してください。   2)バイアグラの併用禁忌薬 バイアグラは血管を拡張して血流の流れを良くする薬で血圧を下げる作用をもたらします。ある種の薬と一緒に併用すると血圧を急激に下げ危険な状態になってしまう可能性がある医薬品です。   バイアグラを服用する際の注意点として、硝酸薬を服用する方はバイアグラとの併用を絶対に避けてください。急激な血圧の下降はめまいを起こしたり、心臓発作などを起こすことに繋がる可能性がありますので特に注意が必要です。硝酸薬の中には貼り薬、塗り薬、スプレー、注射、舌下など様々な形体の薬がありますので使用上の注意のリストをしっかりと確認してみましょう。   ・亜硝酸薬(狭心症等の心臓疾患治療薬) 亜硝酸アミル等   ・硝酸イソソルビド(狭心症治療薬) アンタップ、イソコロナールR、イソピット、L-オーネスゲン、カリアントSR、ジアセラL、硝酸イソソルビド、ニトラス、ニトロール、フランドル、リファタック等   ・一硝酸イソソルビド(狭心症治療薬) アイトロール、一硝酸イソソルビド、ソプレロール、タイシロール等   […]

Read More
February 14, 2018
レビトラを服用する際の注意点

1. はじめに レビトラはバイアグラに続いて日本では2004年6月に発売されたED治療薬です。ドイツのバイエル薬品株式会社が開発販売しており、錠剤の色は淡いオレンジ色の丸型です。バイエル薬品は欧米を中心に鎮痛・頭痛・解熱剤の薬の代名詞ともなっているアスピリンを製造している会社でもあります。 レビトラは2003年にFDA(米国食品医薬品局)から認可を受けた「PDE5阻害薬」です。勃起の状態を維持できなくさせるPDE-5(5-ホスホジエステラーゼ)が体内で生成されることを抑制することで勃起を維持させることを助ける医薬品です。 レビトラは男性のED: Erectile Dysfunction(イーディー)と呼ばれる勃起不全を治療するために開発されたED治療薬であり医薬品です。 レビトラは世界で入手できるED治療薬の中で最も効果的な医薬品の一つだとされています。レビトラに含まれている有効成分であるバルデナフィル(Vardenafil)が血流を促進させ男性の性器の血管を拡大することで勃起する力をサポートし、勃起の状態を維持することができるように助けます。このような効用によりうまく性行為ができるよう補助することができるのです。     レビトラの一番の特性は薬の速効性にあるといって良いでしょう。バイアグラと比較してレビトラの有効成分であるバルデナフィルは水に溶けやすい性質を持っているために有効成分が体内に吸収されやすくなっています。最短では15分で効果が表われるレビトラは、緊急にED治療薬を服用する必要があるシチュエーションの場合や、より速い効果を求める時は3種類のED治療薬の内でレビトラを服用すると良いでしょう。尚、レビトラを服用してから効果を感じることができるまでの時間は個人差がありおよそ15分から45分までの間になっています。 バイアグラは最短で服用してからおよそ30分、シアリスはおよそ1時間ほどの時間が効果を感じることができるまでにかかるとされています。   レビトラはバイアグラと比べて食事の影響を受けにくいので、どうしても食後に服用しなければならない状況の時等はバイアグラよりもレビトラを服用すると良いでしょう。食後の場合は30分ほど時間をあけると効果が出ると言われており、2時間以上あけると食前に服用するのを同等の効果を期待できるとされています。 レビトラはバイアグラのシルデナフィルよりも有効成分であるバルデナフィルが強い効力を発揮するために、勃起した時の硬さや強さに定評があるED治療薬です。   このような特徴を持つレビトラはバイアグラよりも速効性があり、副作用が少なく、食事の影響を受けにくく、効力により強さがあるとして世界の男性たちから愛用されているED治療薬です。これまでにバイアグラを服用して副作用がでてしまっていたり、食事の影響で弱い効果しか感じることができない方などはレビトラを試してみることをおすすめします。   レビトラを服用する際の注意点 レビトラは決められた用法と用量、注意点を守って服用すれば安全に勃起不全を克服し、健全な性行為を楽しむことができるED治療薬です。 レビトラを服用するときは以下の注意点を良く読んで従い服用することをおすすめします。   1)持病のある方 レビトラの服用注意点として、以下の中の項目に持病がある方は服用を避け医師に相談してください。   ・狭心症 ・心臓疾患(心筋梗塞、心不全など) ・血管系疾患(冠動脈異常) ・動脈異常 ・不整脈 ・高血圧 ・低血圧 ・網膜色素変性症 ・重い肝機能障害 ・重い腎臓障害 ・HIV治療薬などの抗ウイルス薬、水虫の内服用の抗真菌薬を服用している方 ・QT延長症の方 ・過去に脳梗塞、脳出血を患ったことがある方   この他にも心臓が弱く、医師に性行為自体を止められたり、控えるように指示を受けている方は服用を避ける必要があります。 上記の症状を過去に患ったことがある方、服用できるか定かでないと思う方は医師に相談されることをおすすめします。 バイアグラも共通して上記の症状を患っている方は服用を避ける必要があります。   2)レビトラの併用禁忌薬 ・硝酸薬 狭心症、心筋梗塞、脳梗塞後遺症、心臓喘息の治療に使われるアイスラールやアイトロール、亜硝酸アミル、一硝酸イソソルビド錠、ニコランジル、ニトログリセリン等   硝酸薬の中には貼り薬、塗り薬、スプレー、注射、舌下など様々な形体の薬がありますので使用上の注意のリストをしっかりと確認してみましょう。   ・抗真菌薬 水虫用の内服薬、カビなどにより感染症用の治療内服薬など イコナゾンカプセル、イトラリールイトリゾール、イデノラート、ケトコナゾール(内服用)等   ・HIV治療用の抗ウイルス薬 インビラーゼ、カレトラ、クリキシバン、テラビック、ノービア、フォートベイス、ブリジスタ、レイアタッツ、レクシヴァ等   […]

Read More
February 13, 2018
シアリスを服用する際の注意点

1. はじめに シアリスは日本で認可されている3種類のED治療薬の中、バイアグラ、レビトラに続き一番新しく開発販売されるようになったED治療薬です。 ED治療薬とはED:Erectile Dysfunction(イーディー)と呼ばれる男性の勃起不全を治療するために開発された医薬品です。バイアグラの発売年である1998年から現在まで、世界中のたくさんの男性たちがEDを治療するためにED治療薬を服用してきました。 シアリスは中でも最も新しく開発されたED治療薬ということだけあって、それ以前に発売されたED治療薬であるバイアグラとレトビアの欠点や副作用を改善して作られたED治療薬です。 シアリスの一番の魅力は薬の持続時間が24時間から36時間までと長いことと、食事の影響を受けにくく、副作用が比較的少ないという点です。 バイアグラとレビトラは性行為の1時間前に服用する必要があり、その持続時間もおよそ4〜6時間と短時間であるために男性の多くは飲むタイミングに気をつかったり、適切な時間内に性行為をしなければならないプレッシャーを感じるなどのストレスを感じる方が多かった状況にありました。 シアリスはそれまでのED治療薬とは異なる画期的な効果と特性から欧米では「ウィーケンドピル(Weekend Pill)」と呼ばれたくさんの男性たちに愛用されています。2007年に日本で正式に処方が開始されてからは全国のクリニックや病院で人気を上げているED治療薬です。現在ではシアリスのED治療薬のシェアが2013年に42%を占め世界で最も売れているED治療薬となる程にまで人気が高まっています。 シアリスはバイアグラとレビトラと同様にPDE-5(5-ホスホジエステラーゼ)と呼ばれる酵素が体内で増えてしまうことを阻害する働きをする医薬品です。男性が性的刺激や興奮を受けるとNO(一酸化窒素)が体内に放出されcyclic GMP(環状グアノシン一リン酸)という物質が血管を拡張させ性器に血液が流れ込み勃起する状態になります。男性の性器の中には海綿体(海綿体)と呼ばれるスポンジ状の勃起性組織があり、海綿体の筋肉がゆるみ性器の中の血管が拡張されより多くの血流が海綿体に流れ込み勃起する仕組みになっています。 性的興奮がおさまると体内にはPDE-5(5-ホスホジエステラーゼ)という酵素が放出されcyclic GMP(環状グアノシン一リン酸)を壊すことで勃起の状態が萎えることになります。 勃起不全のケースでは性的興奮を感じているのに、あるいは勃起を持続させたいのに何らかの理由でPDE-5(5-ホスホジエステラーゼ)という酵素が体内で生成されてしまい勃起が萎えてしまう症状を表します。 ED治療薬はこのPDE-5(5-ホスホジエステラーゼ)という酵素をED治療薬に含まれている有効成分により阻害することで勃起を持続させる効果をもたらします。また、体内の血流の流れを促進させ性器に血液が流れ込みやすくすることで勃起しやすくする作用をもたらす医薬品です。 シアリスに含まれる有効成分はタダラフィルです。 シアリスを含むバイアグラ、レビトラなどの全てのED治療薬は日本の厚生労働省が定める薬価基準において医療保険が適用されない医薬品として指定されています。 また、バイアグラ、レビトラ、シアリスは医薬品として定められていますので日本で購入する際にはドラッグストアや薬局では簡単に購入することはできず、病院かクリニックに行って医師に処方してもらう必要があります。しかし、医師から処方してもらいED治療薬を購入すると医療保険が適用されないために、他の処方の薬と比べて高額な薬となってしまいます。シアリスの日本の病院で処方される際の平均価格は1錠あたり10mgでおよそ1,600〜 2,000円、20mgでおよそ1,750〜 2,500円となっております。5mgは取り扱いしていないクリニックが多いようです。 バイアグラと比較するとバイアグラの平均価格は25mgでおよそ1,200 ~1,500円 ほど、50mgでおよそ1,400 ~ 2,000円 ほどとなっておりますのでシアリスが高く感じる方もおられると思います。 バイアグラの特許は2014年5月に満了したため、バイアグラのジェネリック医薬品が国内の医療機関から処方を受けることができるようになりました。バイアグラのジェネリックの平均価格は25mgでおよそ650円ほどとなっており、50mgで1000〜1500円ほどとなっています。バイアグラのジェネリックに比べるとシアリスの正規品を国内で処方されるのは、高額にはなっています。しかし、シアリスの持続時間は最大で36時間までとなっており、1錠を服用すると長時間の効果を感じることができるED治療薬です。この効果を考慮に入れ、週末にバイアグラを2錠服用すると考えると経済的負担を軽く感じることができると思います。また、バイアグラの服用間隔は24時間となっており、長時間パトナーと性行為を楽しみたいという場合には実用的ではないED治療薬となっています。以上のような点を考慮してもシアリスは優れた特性のED治療薬だということができます。   とはいえ日常生活で常用するには経済的に負担になるケースが多く、そのために通販を通して個人輸入代行業者から購入する方々が多い現状があります。しかし、通販で購入するED治療薬のおよそ40%〜60%は偽物だという調査結果が出ています。通販で購入する際には細心の注意が必要です。   シアリスを服用する際の注意点 シアリスは3種類あるED治療薬の中で最も新しく開発された医薬品ということだけあって、バイアグラとレトビラに比べると副作用も少なく、食事の影響も受けにくく、持続時間も長くなっているので性行為のタイミングを気にせずにより便利に服用することができるようになっています。   シアリスは数々の試験と検査をクリアしてその効用と安全性が認められたED治療薬ではありますが、服用する際には数々の注意点があります。 以下の注意点を守って服用すると、安全にシアリスの素晴らしい効用と効果を体験することができます。     1)持病のある方   シアリスの服用注意点として、以下の中の項目に持病がある方は服用を避け医師に相談してください。 ・狭心症 ・心臓疾患(心筋梗塞、心不全など) ・血管系疾患(冠動脈異常) ・動脈異常 ・高血圧 ・低血圧 ・網膜色素変性症 ・重い肝機能障害 ・過去に脳梗塞、脳出血を患ったことがある方     硝酸剤を服用の方はシアリスを服用すると血圧をさらに降下させて危険ですので服用を避けてください。 過去に脳梗塞、脳出血、心筋梗塞を患ったことがある方は回復してからの経過年月、そして現在の体調によりシアリスを服用することができるかどうか判断する必要があるために医師に相談する必要があります。   バイアグラとレビトラも上記の症状をお持ちの方は服用することが不可能或いは難しいので医師に相談する必要があります。 […]

Read More
February 11, 2018
カマグラゴールドを服用する際の注意点

1. はじめに 「カマグラ」と「カマグラゴールド」はバイアグラのジェネリック医薬品でありED治療薬です。世界的にジェネリック医薬品の製造で有名なインドのムンバイに本社があるアジャンタ・ファーマ社が製造しています。 バイアグラは多くの皆さまがご存知のとおりED(イーディー)と呼ばれる男性の勃起不全を治療するために世界で初めて開発販売されたED治療薬です。 ジェネリック医薬品とは新薬が開発販売され特許期間が切れた後に、新薬と同じ効用・有効成分を持ち安全性が公的機関から確認された後発医薬品のことを表します。ジェネリック医薬品の名前の由来は英語のGeneric(一般的な)という意味の言葉から名付けられました。ジェネリック医薬品は新薬と同じ成分を含有する必要があるという規定があり、有効性や安全性、効能と効果、用法や使用上の注意も同じ医薬品です。公的機関の厳しい検査と試験にクリアしていないとジェネリック医薬品は認可されないために、私たちは安心してジェネリック医薬品を服用することができます。 ジェネリック医薬品の特徴としては新薬に比べて安価なことと、飲みやすく味や形体などが工夫されている点が挙げられます。新薬の開発には9〜17年という歳月とおよそ百億円以上の多額な費用が費やされているので、価格も高く設定されています。ジェネリック医薬品の価格が安価に抑えられている理由は新薬の販売開始後20〜25年経過して特許が切れた後に比較的短い3〜4年程の開発期間でおよそ1億円程の費用で開発されるために可能になっています。バイアグラの特許が2014年5月に切れたために、たくさんの製薬会社がバイアグラのジェネリック医薬品を開発販売し始めました。 カマグラゴールドが開発販売されているインドでは欧米とは異なるインド国内での特許制度があるために、バイアグラの特許が切れる前からバイアグラのジェネリック医薬品が開発販売されました。バイアグラのみならず、インドでは様々な種類のジェネリック医薬品が開発販売されています。このことは欧米の製薬会社からも問題として取り上げられていますが、実際のところインドで開発されているジェネリック医薬品はアフリカなどの開発途上国で大量に使用され新薬の価格では医薬品を手に入れることができない多くの人々に使用されているという実情があります。インドで生産されているジェネリック医薬品がなくなると開発途上国の医療に大きな影響を与えるため、国際連合は欧米の製薬会社に協力して発展途上国でも医薬品を安価に購入・使用することができるよう配慮するように求めている現状があります。 このような経過から「カマグラ」と「カマグラゴールド」は近年に日本国内で発売されるようになったバイアグラのジェネリック医薬品とは違い、長年世界の男性の間で服用されてきた信頼と実績があるジェネリック医薬品となったといういきさつがあります。   「カマグラ」は輸出用であり、「カマグラゴールド」はインド国内用で発売されているED治療薬です。有効成分は2種類ともバイアグラと同じシルデナフィルを含んでいます。シルデナフィルは血管を拡張して血流の流れを促進させることで勃起力を高めることと、勃起の状態を起こすサイクリックGMP(cyclicGMP)を分解させる酵素であるホスホジエステラーゼ 5(PDE5)を阻害することで勃起の状態を持続させる効果があります。用法や食事のタイミングなどもバイアグラと似ているため、バイアグラをこれまで処方して飲んでいたけれども経済的な負担を軽減するためにジェネリックに切り替えることをお考えの方にはおすすめのED治療薬です。 カマグラゴールドは数多く販売されているバイアグラのジェネリック医薬品の中でもその効果と効用から定評があり、世界中の男性たちに飲まれています。カマグラゴールドの一番の魅力は安価な値段と、バイアグラのジェネリック医薬品としての信頼と実績にあるいって良いでしょう。カマグラゴールドは バイアグラよりも安く、よく効き、副作用が少ないとして多くの男性たちに使用されているED治療薬です。しかし、カマグラゴールドの信頼と実績はあくまでもカマグラゴールドが正規品であったら当てはまることです。通販でED治療薬の偽物は多く出回っていますので購入の際には細心の注意が必要です。   カマグラゴールドは日本では国際特許の基準に沿って開発販売されていないED治療薬とみなされているので日本の医療機関で処方を受けることはできません。 カマグラゴールドの正規品を購入する方法は信頼できるオンライン個人輸入代行サイトで購入するか、インド現地の医療機関を訪問して購入するかどちらかになります。 カマグラゴールドなどのED治療薬は医薬品ですので本来は病院に行って医師の処方により正しい飲み方と用量などを教えてもらいながら服用することが望ましい医薬品です。しかし、実際のところ費用の面であったり、病院に行く手間や時間やプライバシーの側面を考慮して、多くの男性が通販で安価なジェネリック医薬品のED治療薬を服用することを好む実情があります。   カマグラゴールドを服用する際の注意点   カマグラゴールドは世界の男性たちの間で服用されているバイアグラのジェネリック医薬品です。決められた用量と用法を守って服用すれば安全に勃起力を高めることができるED治療薬です。   カマグラゴールドは医薬品ですので服用する際には守るべき数々の注意点があります。以下の項目にカマグラゴールドを服用する際の注意点をまとめてみましたのでよく読んで服用の際の参考にしてみてください。   1)持病のある方 以下の中の項目に持病がある方は服用を避けて、医師に相談してください   ・狭心症 ・心臓疾患(心筋梗塞、心不全など) ・血管系疾患(冠動脈異常) ・動脈異常 ・高血圧 ・低血圧 ・網膜色素変性症 ・肝機能障害 ・過去に脳梗塞、脳出血を患ったことがある方   上記の病気の症状を過去に経験したことがあるという方も服用前に医師へ相談されることをおすすめします。   2)併用禁忌薬   カマグラゴールドの併用禁忌薬はニトログリセリンや硝酸イソソルビド、亜硝酸アミルなどの硝酸薬、アンカロン錠やアミオダロン塩酸塩錠などの抗不整脈薬、アダムパス錠などの肺高血圧症治療薬です。 その他、HIV感染症薬や抗菌薬を服用している方もカマグラゴールドの服用を避ける必要があります。   心臓病や狭心症への薬を常用されている方は特に注意して服用を避けてください。   カマグラゴールドの有効成分であるシルデナフィルクエン酸塩は血管を拡張させ血流の流れを促進し勃起力を高める効果があります。シルデナフィルクエン酸塩は血圧を下げる作用をするので持病で高血圧、心臓病、狭心症などの症状を持ち、血圧を下げる薬を服用している方は、カマグラゴールドなどのED治療薬を服用すると血圧が更に下がってしまうので危険な状態になることに繋がってしまいます。 3)カマグラゴールドの併用注意薬   カマグラゴールドの併用注意薬は使用上の注意点を知り用法と用量を守ると併用することが可能な医薬品です。併用の際には注意する必要があるので医師または薬剤師へ相談することをおすすめします。   ・高血圧症への降圧剤 ・心不全治療薬 ・陰茎組織治療薬   4)カマグラゴールドの副作用 カマグラゴールドの副作用はバイアグラのジェネリック医薬品というだけあってバイアグラとほぼ同じですが、バイアグラと比べると軽い副作用があるとされています。ED治療薬の副作用の感じ方には個人差がありますので少量(25mg)から試して服用してみると良いでしょう。 […]

Read More
February 10, 2018
レビトラとバイアグラの共通点と違い

1. レビトラとバイアグラ、その共通点と違い(序文)  レビトラとバイアグラは代表的には3種類あるED治療薬の中でも最も初めに開発販売された2種類の医薬品です。長年世界の男性たちの間で愛されてきている2つのED治療薬ですが、実際のところどのような共通点と違いがあるのでしょうか。最も新しいED治療薬であるシアリスとも比較して皆さま一人一人の好みと体質に合ったED医薬品を選ぶことができるようにここで一度わかりやすくまとめてみました。   2. レビトラとバイアグラの共通点  1) ED治療薬である 21002810 - pills and capsules.レビトラとバイアグラ、そしてシアリスはED(イーディー)と呼ばれる勃起不全を治療するために開発されたED治療薬であり、医薬品です。医薬品ですので日本で入手する際には医師の処方が必要になり、薬局やドラッグストアで気軽に購入することはできません。病院やクリニックに行かずに入手する際には個人輸入を行なっている通販のサイトで購入することができます。   2)勃起力をサポートする効果がある   レビトラとバイアグラなどのED治療薬は性的な刺激受けた際、そして性欲や興奮を感じた際に起こる勃起の力をサポートし促すための医薬品です。レビトラとバイアグラを服用したからといって勃起したり、勃起の状態が維持し続けるというようなことはありません。 <主な共通点> ①血管を拡張し血流の流れを促進させる効果   ②勃起の状態を持続させるための化学物質を破壊する酵素PDE-5(5-ホスホジエステラーゼ)を抑制し、勃起の維持を助ける効果。   ③副作用として顔のほてり、頭痛、動悸、鼻づまり、目の充血などを感じる人が多いです。   5)対処治療のための医薬品   対処治療のための医薬品であり、根本的な体質改善などには繋がりません。 レビトラとバイアグラは共に毎日決まった時間に服用し続けると、次第に勃起不全が治るということはありません。体質改善や根本的にEDを治療したいという方には精力剤を服用したりするなどの方法があります。   3. バイアグラとレビトラの違いを比較   3-1. バイアグラ 1) バイアグラの基本情報   容量:25mg、50mg 製薬会社:ファイザー株式会社(アメリカ合衆国) 錠剤形態:青色のひし型 有効成分:シルデナフィル 日本での発売時期:1999年3月     2) バイアグラの特長   バイアグラは世界で一番初めに開発販売されたED治療薬ですので、その分世界の利用者の間で信頼と実績が認められている医薬品です。安心感と安定性を求める方はまずはバイアグラを試してみると良いでしょう。   ①バイアグラ・勃起の強さ、硬さ 勃起時の硬さでは3つのED治療薬の中で一番という評判があります。   ②バイアグラ・服用してから効果が出るまでの時間 服用してから30分ほどで効果が表れ始めます。 服用してからおよそ1時間ほどで血液の中の有効成分の濃度が最高値に達します。 […]

Read More